ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

羽村市

はむらってこんなまち羽村市公式PRサイト

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    妊娠中の方に10万円を支給します「妊婦応援特別給付金」

    • 初版公開日:[2022年10月01日]
    • 更新日:[2022年10月1日]
    • ID:16798

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    妊婦応援特別給付金について

    妊娠中の方においては、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中で、光熱水費や食料品等の高騰を受け、エアコンの使用控えや食料品の買い控えが進むなど、適切な環境整備や十分な栄養・健康管理ができない状況となることが心配されます。
    このため、母体の健康維持と、安心して子どもを産み育てるための環境整備を目的とし、妊娠中の方へ「妊婦応援特別給付金」を支給します。

    対象者

    給付金の申請時点において羽村市に住民票がある方で、令和4年4月1日から令和5年3月31日までの間に妊娠の届出をした方

    *配偶者等からの暴力を理由に羽村市へ避難している方など、羽村市に住民票がない理由がある方は、支給対象となる場合がありますので、問い合わせてください。

    支給額

    妊婦1人あたり10万円(期間内1回のみ)

    受付期間

    令和4年10月3日(月曜日)から令和5年3月31日(金曜日)(郵送の場合、当日消印有効)

    申請方法

    申請書類に必要事項を記入し、振込先がわかるもの(通帳等の写し)を添付して、受付期間内に子育て相談課母子保健・相談係へ直接持参または郵送してください。

    *令和4年9月30日までに妊娠の届出をした方には、申請書類を個別に郵送します。対象者と思われるのに書類が届かない場合は、問い合わせてください。
    *令和4年10月1日以降に妊娠の届出をする方には、母子健康手帳等の交付時に、その場で申請をしていただきます。
    *妊婦本人以外の口座へ振込みを希望する場合には、別途委任状が必要となります。

    給付方法

    「支給決定通知書」をお送りし、申請を受理してから1か月ほどで給付金を指定の口座に振込みます。
    ただし、審査の結果、支給できない方には「不支給決定通知書」をお送りします。
    なお、申請が集中した場合、振込みまで1か月以上かかる場合があります。

    *振込みの際、通帳には「ハムラシコソダテソウダンカ」と記載されます。
    *申請内容に不備や誤りがあり振込みができない場合は、お電話等で確認をさせていただきます。支給決定から1か月を経過しても確認に応じない場合は、申請が取り下げられたものとして扱います。

    注意事項

    • 給付金の申請時点において羽村市に住民票がない方は、給付金を受け取ることができません。住民票を移す予定のある方は、十分ご注意ください。
    • 受付期間を過ぎての申請は原則認められません。お早めに申請してください。
    • 申請時点で出産等により妊娠中でない方でも、令和4年4月1日以降に妊娠の届出をしたことが確認できる場合は、支給対象となりますので、問い合わせてください。