ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

羽村市

はむらってこんなまち羽村市公式PRサイト

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置

あしあと

    外国人住民の方について住基ネットの運用が開始されます

    • [2013年7月1日]
    • ID:5825

     7月8日から、外国人住民の住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)の運用が開始します。
     住基ネットの運用開始後に、住民票コードを世帯単位で通知します(この通知に伴う手続きはありません)。
     
    ○住基ネットは、居住関係を公証する住民基本台帳をネットワーク化した全国共通の本人確認ができるシステムです。

    ○住民票コードは、住民基本台帳ネットワークシステムにおいて全国共通の本人確認を行うにあたって必要不可欠な、無作為の11桁の番号です。

    ○住基ネットワーク運用以降にできるようになることの例
    ・外国人の方も「住基カード」(住民基本台帳カード)の交付を受けることができるようになります(交付には、手数料がかかります)。住基カードは、セキュリティに優れたICカードで、「写真付き住基カード」は、公的な証明書としても使えます。
     ・お住まいの市町村以外でも住民票の写しの交付を受けることができるようになります(注:住基カードまたは在留カード等の提示が必要です)。
    ・住基カードにインターネットを利用した電子申請(e-Taxなど)の際に必要となる、電子証明書を格納することができます。
     

    お問い合わせ

    羽村市役所市民生活部市民課(受付係)

    電話: 042-555-1111 (受付係)内線122

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム