ページの先頭です

航空機の緊急着陸について

[2016年9月20日]

表題の件につきまして、防衛省北関東防衛局横田防衛事務所より情報提供がありましたのでお知らせします。なお、本件に関し、横田基地周辺市町基地対策連絡会では、在日米軍横田基地第374空輸航空団司令官に対し、下記のとおり口頭要請を行いましたので合わせてお知らせします。

 

防衛省北関東防衛局横田防衛事務所情報提供内容(第一報)

  • 9月15日(木曜日)、KC-135 1機が航空機の問題により横田基地に緊急着陸を行いました。航空機は安全に着陸し、乗務員には医療上の問題はありませんでした。航空機は駐機場に移動され、その後、事故等は報告されていません。
  • KC-135への緊急対応の為、横田基地の滑走路は閉鎖され、横田基地に到着予定だった契約商業航空機ボーイング767は羽田空港に予防着陸することになりました。ボーイング767は給油後、横田基地に帰還し、予定されていた任務に戻ります。

防衛省北関東防衛局横田防衛事務所情報提供内容(第二報)

  • 当該航空機は、9月15日(木曜日)13:49羽田空港を離陸しました。

防衛省北関東防衛局横田防衛事務所情報提供内容(第三報)

  • 横田基地に緊急着陸したKC-135の所属は、米国カリフォルニア州のマーチ・エアリザーブ基地所属であります。

  • KC-135の緊急着陸の原因は、当該機に緊急対応が必要な着陸を要する故障が発生したものです。なお、全ての飛行は最も高い安全規準で実施されなければならないため、乗務員は十分な注意を払い着陸を行いました。

  • 横田飛行場に緊急着陸したKC-135の今後の動向は、運用上の安全を考慮し、当該機の今後の運用についての公表はしておりません。

  • 羽田空港に着陸した米軍チャーター機の横田飛行場への飛来目的は、運用上の安全を考慮し、横田基地への飛来機の任務については公表しておりません。

横田基地周辺市町基地対策連絡会における口頭要請

平成28年9月20日(火曜日)付で、在日米軍横田基地第374空輸航空団司令官に対し、下記のとおり口頭要請を行いました。

  • 平成28年9月15日、米軍所属機が横田基地に緊急着陸し、その対応に伴い同基地滑走路が閉鎖されたことから、同基地に着陸予定であった契約商業航空機が羽田空港に予防着陸したとの情報提供がありました。航空機運用上の対応とは思いますが、基地周辺住民の航空機事故等への不安につながる事案であることから、航空機並びに飛行場の適切な運用と安全性の確保を徹底するよう、改めて要請します。また、住民不安を解消するためにも、緊急着陸の原因等、滑走路閉鎖に関する経過について地元自治体に開示するよう、併せて要請します。

 

お問い合わせ

企画総務部企画政策課

電話: 042-555-1111 (企画政策担当)内線312

お問合せフォーム


航空機の緊急着陸についてへの別ルート