ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

あしあと

    ひきこもりに関する相談等について

    • 初版公開日:[2021年10月19日]
    • ID:10204

    「ひきこもり」とは、さまざまな要因によって社会的な参加の場面がせばまり、就労や就学などの自宅以外での生活の場が長期間にわたって失われている状態のことです。「ひきこもり」は誰にでも起こり得ることで、特別なことではありません。市への相談や東京都などの関係機関に対する「ひきこもり」に関する相談会や相談方法については、下記をご覧ください。


    15歳から34歳の方のご相談(子育て支援課児童青少年係)

    羽村市子育て支援課児童青少年係ではおおむね15歳から34歳までの方を対象に電話・メール等で相談を実施しています。

    関係機関の紹介や東京都ひきこもりサポートネットへお繋ぎし、希望される方については、訪問相談についても東京都と連携し実施しています。

    訪問相談

    対象

    次のすべてを満たす家庭

    1. ひきこもりの本人が都内在住
    2. ひきこもりの本人の年齢が義務教育終了後の15歳以上の方
    3. 6か月以上ひきこもり状態が続いている

    相談時の留意点

    • 本人や家族の状況に合わせて、今後必要な支援内容を検討し、関係機関を紹介します。
    • 相談は無料で1人概ね5回まで受けることができますが、紹介する関係機関については、有料の場合もあります。
    • 病名の診断等の医療行為に当たる相談や、緊急の対応が必要な相談など、相談内容によっては、お断りする場合もあります。
    • 訪問相談を希望する方は、まず羽村市子育て支援課児童青少年係に問い合わせてください。

      詳しくは「東京都ひきこもりサポートネット」ウェブサイトをご覧ください。

      https://www.hikikomori-tokyo.jp/index.php(別ウインドウで開く)


    35歳以上の方のご相談(生活自立相談窓口 社会福祉課庶務係)

    「生活自立相談窓口」では、経済的に困窮している方を対象に、経済的なことや日常生活・社会生活に

    関する困りごとについての相談に応じています。ひきこもり(おおむね35歳以上の方)についての相談も可能です。

    詳しくは下記URLをご確認ください。

    https://www.city.hamura.tokyo.jp/0000007636.html

    羽村市主催の相談会等

    ひきこもり相談会

    羽村市では、ひきこもりについてお悩みの方向けに令和6年2月14日(水曜日)に個別相談会を開催します。

    専門の相談員が直接相談を受けます。ご本人またはご家族・ご親族からの相談に対応できますので、ぜひご利用ください。【要予約制】

    【日時】 令和6年2月14日(水曜日)

         ①午前9時30分から11時 ② 午前11時から12時30分 ③ 午後2時から3時30分 ④ 午後3時30分から5時

    【会場】 羽村市役所2階202会議室

    【対象】 羽村市在住(原則)の概ね15歳から35歳未満の相談者(保護者・親族などの相談も可能)

    【定員】 4名(先着順)

    【申込】 電話(下記チラシをご確認ください。)

    ひきこもり講演会

    ひきこもりに悩む家庭や支援者を対象に、令和6年2月18日(日曜日)に講演会を実施します。

    多くの若者への支援者として豊富な経験を持つ講師が、ひきこもりの問題点や向き合い方について話します。【要予約制】

    【日時】 令和6年2月18日(日曜日)午前10時~正午

    【講師】 井利 由利 さん(公益財団法人青少年健康センター副会長・臨床心理士・公認心理師・精神健康福祉士

                  テーマ「ひきこもりの方への向き合い方」

    【会場】 羽村市プリモホールゆとろぎ 講座室1

    【対象】 ひきこもりに悩む家庭や支援者、テーマに関心のある方

    【申込】 電話またはメール(下記チラシをご確認ください。)


    東京都主催の相談会等

    家族セミナー・個別相談会のお知らせ

    羽村市では東京都と連携し、相談会等の情報について共有しております。都内在住のひきこもりでお悩みの

    ご家族を対象に「家族セミナー・個別相談会」を東京都主催で実施します。


    詳細については下記チラシをご覧ください。

    家族セミナー・個別相談会チラシ

    LINE相談

    「東京都」では、ライン(LINE)による相談窓口を開設しています。

    ネット・スマホのトラブル相談や自殺相談、いじめ等の教育相談を、ライン(LINE)で行っています。

    ライン(LINE)であればその場で誰かに会うことも声を出すこともする必要がありません。

    ご利用には、登録が必要になります。

    詳しくは、下記外部リンクへアクセスして、ご確認ください。

     www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/tokyokaigi/rinji1/linesoudan.html(外部リンク)

    問合せ

    東京都福祉保健局保健政策部健康推進課自殺総合対策担当

    電話:03-5320-4310

    電話・インターネット相談

    「東京都」では、電話およびインターネット相談の窓口として、「東京こどもネット・ケータイヘルプデスク(通称:こたエール)」を運営しています。

    近年、インターネット、携帯電話等の普及に伴い、架空請求やネットいじめ、迷惑メール、有害サイト等のトラブルや、脅されたり、だまされたりするなどして、自分の画像を撮影させられたうえ、メール等で送らされる被害、いわゆる「自画撮り被害」が多発するなど、青少年が被害者・加害者となるケースが増加し、大きな社会問題となっています。

    こうした青少年のインターネット・携帯電話に関するトラブルについて、お気軽にご相談ください。

    事業内容

    • 青少年のネット・ケータイ上のトラブルや悩みに関する相談の総合的窓口
    • 都民やフィルタリングサービスに関係する事業者等への情報提供
    • 匿名にて相談可能、秘密厳守
    • 相談無料
    • メール相談は24時間365日受付中

    電話相談

    0120‐1(インターネット)‐78302(ナヤミゼロニ)

    月曜日から金曜日 午前9時から午後6時

    土曜日 午前9時から午後5時

    インターネット相談

    パソコンからも!ケータイからも!24時間受け付けます!

      http://www.tokyohelpdesk.jp/(外部リンク)

    問合せ

    東京都都民安全推進本部都民安全推進課

    電話:03-5388-3186

    相談先のご紹介

    ポータルサイト『若ぽた』

    悩みや困難を抱える若者やその家族への支援を行っている、都内の相談窓口を総合的に集約したポータルサイトです。

    悩みや困難に応じた相談窓口等を、いつでもどこでも簡単に検索することができます。

     「仕事や勉強、職場や学校の人間関係に悩んでいる」

     「非行に走った子供の立ち直りを支援してほしい」

     「ひきこもりの状態から脱出したい」等

    あなた自身やご家族に合った支援機関・相談窓口を見つけてください。

     (注意)パソコン、スマートフォンからアクセス可能です。

     https://www.wakapota.metro.tokyo.lg.jp/(外部リンク)

    問合せ

    東京都生活文化局都民生活部地域活動推進課

    電話:03-5388-3098

    お問い合わせ

    羽村市子ども家庭部子育て支援課

    電話: 042-555-1111 (児童青少年係)内線262(保育・幼稚園係)内線231

    ファクス: 042-554-2921

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム