ページの先頭です

工事入札における最低制限価格設定基準の見直しについて

[2017年5月9日]

工事入札における最低制限価格設定基準の見直しについて

羽村市では、低価格入札による公共工事の品質低下を防止するため、予定価格130万円以上の工事請負契約案件に、最低制限価格制度を適用しております。

この度、最低制限価格設定基準の一部を下記のとおり改正しました。

平成29年4月1日(土曜日)以降の発注案件から適用となりますので、入札する際にはご注意ください。

 

                   記

変更内容は、設定基準第3条第1項第3号において、

改正前は、現場管理費の額に「100分の80」を乗じることとしていましたが、

改正後は、現場管理費の額に「100分の90」を乗じることととなりました。

 

詳細については、添付ファイル「羽村市工事請負契約最低制限価格設定基準」をご覧ください。

羽村市工事請負契約最低制限価格設定基準

Word Viewer の入手
docファイルの閲覧には Microsoft社のWord Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Word Viewer をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

財務部契約管財課

電話: 042-555-1111 (契約係)内線392 (管財係)内線395

お問合せフォーム


工事入札における最低制限価格設定基準の見直しについてへの別ルート