ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

羽村市

はむらってこんなまち羽村市公式PRサイト

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    平成16年度補正予算

    • [2010年3月1日]
    • ID:318

    一般会計 第4号(3月)補正

    第4号補正は、歳入歳出それぞれ、5億3,008万1千円を追加するものです。

    歳入では、主要財源の市税は、市民税法人分が、一部企業の業績回復により増額となりますが、市たばこ税については、売上本数の減少により減額となりますので、市税全体では2,500万円の増額となります。
    国庫支出金については、宮の下水田公園(仮称)整備事業について、東京防衛施設庁の補助金を計上し、また、生活保護費の医療扶助の伸びに伴う負担金の増額などを計上しました。
    基金繰入金については、当初予算で繰り入れを予定していたものを繰り戻すとともに、「羽村市国際交流基金」、「羽村市保健医療施設整備基金」については、基金設置後の社会経済情勢の変化や所期の目的を達成したことにより、それぞれ廃止して繰り入れ、財政調整基金に統合して、有効な活用を図っていきます。

    歳出については、宮の下水田(仮称)公園の用地取得費を計上し、来年度において、水田と調和した自然公園を整備します。
    また、富士見斎場のロビー部分で、参列者が斎場の様子をご覧になれるように、モニターテレビなどの設置費用を計上しました。
    性質別歳出では、人件費については、人事異動などによる増減分などを計上し、職員人件費の総額では3,667万5千円の減額となります。
    扶助費では、生活保護費および心身障害者(児)に対する居宅生活支援費などについて増額を措置しました。
    その他の扶助費については、児童手当や準要保護児童・生徒の就学援助費など、対象者の増減が見込まれるものをそれぞれ補正しました。
    繰出金では、老人保健医療会計について、老人医療費の国庫負担金の一部が翌年度に交付される見込みとなり、財源に不足が生じることから、一般会計において必要な増額措置を行いました。
    積立金については、羽村市国際交流基金などの廃止に伴う財源と、今回の補正により生じた財源について、財政調整基金に積み立て、平成17年度以降の財政運営に備えていきます。

    なお、年度末に向けて事業費の確定したものについて、関係する歳入歳出を、それぞれ整理しました。

     

    一般会計 第3号(12月)補正

    第3号補正は、歳入歳出それぞれ1億9,125万2千円を追加するものです。

    歳入では、主要財源の市税については、市民税法人分が、一部企業の業績回復により増額となりますが、市民税個人分は、所得の減などにより減額となり、また、固定資産税は、家屋分の評価額が当初見込みを下回るとともに、償却資産分が新規設備投資の減少等により当初見込みを下回り、それぞれ減額となるものです。
    国庫支出金については、生活保護費の医療扶助等の伸びに伴い負担金を増額し、都支出金については、認証保育所に対する補助金を計上しました。
    この他、国有提供施設等所在市町村助成交付金の確定に伴う措置や、過年度の生活保護費負担金、介護サービス収入などについて、それぞれ措置しました。

    歳出については、生活保護世帯の増加や医療扶助の伸びに対応するため、生活保護費を増額し、また、小作駅前に開設予定の認証保育所については、待機児童の解消を図るため、施設整備に対する補助金を計上しました。
    貼紙防止対策については、最近、交通安全柵など道路維持施設に貼られることが多くなったことから、貼紙防止シートに代わり、防止対策に有効性が高いとされるコーティング委託料を措置するものです。
    動物公園のスタディホール(仮称)工事については、契約確定に伴い減額し、また、平成17年3月のオープンに向けて備品を措置しました。
    小学校の心身障害学級は、現在、武蔵野小学校において「むさしの学級」を設けていますが、心身障害学級への就学児童の増加が予想されるため、新たに栄小学校に、1学級を設置することとしました。

    なお、市民税法人分の伸びが見込めたことから、財政調整基金を積み立て、来年度以降の財政運営に備えていきます。

     

    一般会計 第2号(9月)補正

    第2号補正は、歳入歳出それぞれ1億565万2千円を追加するものです。

    都市計画道路3・4・16号線立体交差事業について、新設された国庫補助金である「まちづくり交付金」の交付を受け、コミュニティバスの運行や羽村駅駅舎のバリアフリー化事業と併せ、「市役所通り活性化事業」として、平成16年度から平成20年度までの5か年で実施します。これに関連し、継続費、債務負担行為を補正しました。

    歳入では、平成15年度決算の確定に伴い、繰越金を計上し、また、老人保健医療会計および介護保険事業会計の決算剰余金を一般会計へ繰入れました。これらの財源を活用し、当初予算において取り崩している財政調整基金の一部を繰り戻して、今後の財政運営に備えていきます。
    都支出金については、平成16年10月から、東京都の保健所再編に伴う事務移譲が行われることから、この事務に要する経費として、市町村地域保健サービス推進モデル事業補助金を計上したほか、緊急地域雇用創出特別補助金、新元気を出せ商店街事業補助金等について、それぞれ措置しました。
    このほか、財産収入および諸収入について、それぞれ措置するものです。

    歳出については、平成17年度以降運行を計画しているコミュニティバスの運行準備に要する経費について、バスの賃借料および停留所設置工事費などを計上しました。
    都保健所再編に伴う移譲事務に要する経費としては、非常勤の保健師報酬や関係事務備品等を措置しました。
    都市計画道路3・4・16号線立体交差事業については、JRと事業内容などを調整した結果、事業費の年割額を変更し、今年度の経費を増額したものです。
    また、道路補修については、職員による市道の点検や市民要望等に基づき、緊急を要する工事のための所要経費を計上しました。
    このほか、国および都支出金の確定に伴う過年度分の返還金など、緊急を要するものについて予算措置しました。

     

    一般会計 第1号(6月)補正

    第1号補正は、歳入歳出それぞれ7,820万6千円を追加するものです。

    歳入では、事業系一般廃棄物の手数料改定に伴い塵芥処理手数料を増額し、また交通事故の損害賠償額について、保険適用となることから、その自動車損害保険金を計上しています。

    歳出では、市議会において新たに結成された会派の控室を設置するための経費および交通事故に対する賠償金を措置し、また塵芥処理手数料の改定に伴う増額分については予備費として計上しています。

     

    一般会計 歳入

    平成16年度一般会計 歳入
    当初
    予算額
    第1号
    (6月)
    補正額
    第2号
    (9月)
    補正額
    第3号
    (12月)
    補正額
    第4号
    (3月)
    補正額
    1市税 10,409,728  91,00025,00010,525,728
     1市民税3,898,528  170,00040,0004,108,528
     2固定資産税5,037,296  -51,000 4,986,296
     3軽自動車税49,523    49,523
     4市たばこ税543,671  -28,000-15,000500,671
     5都市計画税880,710    880,710
    2地方譲与税 218,730    218,730
     1所得譲与税93,730    93,730
     2自動車重量譲与税94,000    94,000
     3地方道路譲与税31,000    31,000
    3利子割交付金1利子割交付金56,568   5,98962,557
    4配当割交付金1配当割交付金21,459   -4,58516,874
    5株式等譲渡所得割交付金1株式等譲渡所得割交付金13,374   4,32317,697
    6地方消費税交付金1地方消費税交付金704,517   32,806737,323
    7自動車取得税交付金1自動車取得税交付金151,668   -1,599150,069
    8国有提供施設等所在市町村助成交付金等1国有提供施設等所在市町村助成交付金等219,386  16,375 235,761
    9地方特例交付金1地方特例交付金302,920   7,162310,082
    10地方交付税1地方交付税90,000   5,26895,268
    11交通安全対策特別交付金1交通安全対策特別交付金10,500    10,500
    12分担金および負担金1負担金200,204   -1,065199,139
    13使用料および手数料 479,28717,400  -26,622470,065
     1使用料246,680   -14,382232,298
     2手数料232,60717,400  -12,240237,767
    14国庫支出金 1,722,086 46,44760,93321,9091,851,375
     1国庫負担金1,162,317  78,129-5,0371,235,409
     2国庫補助金541,306 46,447-17,19626,400596,957
     3委託金18,463   54619,009
    15都支出金 1,887,693 10,96617,52712,4591,928,645
     1都負担金474,339   -9,419464,920
     2都補助金1,277,663 9,74917,52723,9631,328,902
     3委託金135,691 1,217 -2,085134,823
    16財産収入 38,358 1,860 26,51866,736
     1財産運用収入31,343 1,860 2,83736,040
     2財産売払収入7,015   23,68130,696
    17寄付金1寄付金600   1,8962,496
    18繰入金 775,390 -209,214-12,112378,616932,680
     1基金繰入金765,685 -302,425-12,112378,466829,614
     2他会計繰入金9,705 93,211 150103,066
    19繰越金1繰越金70,000 255,088  325,088
    20諸収入 311,13260,80650517,52934,306424,278
     1延滞金、加算金および過料3,000    3,000
     2市預金利子240   -50190
     3受託事業収入11,468   2,50013,968
     4雑入296,42460,80650517,52931,856407,120
    21市債1市債2,546,400   7,7002,554,100
    歳入合計20,230,00078,206105,652191,252530,08121,135,191

    一般会計 歳出

    平成16年度一般会計 歳出
    当初
    予算額
    第1号
    (6月)
    補正額
    第2号
    (9月)
    補正額
    第3号
    (12月)
    補正額
    第4号
    (3月)
    補正額
    1議会費 250,814312 1,000-2,357249,769
    2総務費 2,188,80560,80619,24645,487735,0033,049,347
     1総務管理費1,647,77360,80624,94244,905755,1162,533,542
     2徴税費278,433  30-7,244271,219
     3戸籍住民基本台帳費188,129 -5,696552-10,908172,077
     4選挙費56,416   -1,46854,948
     5統計調査費5,448   -4954,953
     6監査委員費12,606   212,608
    3民生費 6,133,938 9,819175,31233,2436,352,312
     1社会福祉費2,480,764 2,76526,78132,2632,542,573
     2児童福祉費2,961,284 5,72044,358-37,7412,973,621
     3生活保護費655,973 1,334104,17336,296797,776
     4国民年金費35,917   2,42538,342
    4衛生費 2,266,016 10,21122-51,9532,224,296
     1保健衛生費789,154 8,69422-23,077774,793
     2清掃費1,476,862 1,517 -28,8761,449,503
    5労働費1労働費212    212
    6農林費1農業費47,549   -9,03538,514
    7商工費1商工費224,228 3,240 9,336236,804
    8土木費 2,453,466 60,247-4,862-58,9442,449,907
     1土木管理費186,022  58-7,161178,919
     2道路橋梁費281,571 55,787674-76,598261,434
     3都市計画費1,968,158 1,680-5,59424,8151,989,059
     4住宅費17,715 2,780  20,495
    9消防費 844,416 1983,851-21,658826,807
     1消防費829,505 1983,851-21,658811,896
     2災害対策費14,911    14,911
    10教育費 3,802,216 2,691-29,558-48,4213,726,928
     1教育総務費523,828 1,142 -10,199514,771
     2小学校費450,650  -13,460-15,710421,480
     3中学校費369,181  -21,1754,476352,482
     4幼稚園費108,797   3,478112,275
     5社会教育費1,989,841 1,5493,618-14,9371,980,071
     6保健体育費359,919  1,459-15,529345,849
    11公債費1公債費1,981,877   -2,3091,979,568
    12諸支出金1開発公社費2,627   -1,900727
    13予備費1予備費33,83617,088  -50,924 
    歳出合計 20,230,00078,206105,652191,252530,08121,135,191

    各会計ごとの補正状況

    各会計ごとの補正状況
    会計当初
    予算額
    6月
    補正額
    9月
    補正額
    12月
    補正額
    3月
    補正額
    一般会計20,230,00078,206105,652191,252530,08121,135,191
    国民健康保険事業会計4,064,965  248,41426,1494,339,528
    老人保健医療会計2,770,131 86,542 118,4132,975,086
    介護保険事業会計1,612,183 36,37458,67215,1541,722,383
    羽ケ上土地区画整理事業会計21,416   -1821,398
    羽村駅西口土地区画整理事業会計367,013 199,850 -28,452538,411
    下水道事業会計2,726,991  12,501-153,6372,585,855
    水道事業会計収益的収支収入1,156,155  3,851-34,0001,126,006
    支出1,094,038  11,546-28,7541,076,830
    資本的収支収入4,620   -2,6002,020
    支出383,567  10-14,000369,577