ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

羽村市

はむらってこんなまち羽村市公式PRサイト

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    第35回「女と男、ともに織りなすフォーラムinはむら」を開催しました

    • [2020年3月26日]
    • ID:13365

    私らしい生き方~噺家・妻・母 三足のわらじ~

     男女共同参画社会の実現を目指して、男女一人ひとりが個性と能力を発揮し、自分らしくいきいきと暮らしていくためにはどうしたらよいかを参加者とともに考える、第35回「女と男、ともに織りなすフォーラムinはむら」を開催しました。

    開催概要

    日時 令和元年12月8日(日曜日)午後1時30分~午後4時5分

    会場 羽村市生涯学習センターゆとろぎ小ホール

    参加者数 62人

    講師 柳亭 こみちさん(女性落語家、真打)

    実施内容

    基調講演

    講演内容(抜粋)

    • テーマの「私らしい生き方」について、二児の母として真打になることが目標ではなく、22世紀に残る女性の落語を作ることを目標に、どのような考えで修行して現在に至ったか、講師の経験を踏まえたお話がありました。
    • 落語界では身分がきっちり分けられており、女性の噺家が少ない理由については、体力、精神力が必要なうえ、さらに落語という芸能の難しさ、女性が男性を演じるには、大きな壁がある。また、結婚、出産も非常にハードルがあるとのことでした。
    • 実行委員会から要望していた内容をQ&A形式でお話いただきました。
    • 登場人物を女性に変えた落語、古典落語をご披露いただきました。

    意見交換会

    基調講演終了後、講師の柳亭こみちさんと参加者とで、さっくばらんに意見交換を行いました。
    会場の様子(基調講演、意見交換会)

    会場の様子(基調講演、意見交換会)

    企画・運営

    第35回女と男、ともに織りなすフォーラムinはむら実行委員会