ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

羽村市

はむらってこんなまち羽村市公式PRサイト

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    緊急事態宣言下における航空機の運用について(口頭要請)

    • [2021年1月15日]
    • ID:14558

    標記の件について、横田基地周辺市町基地対策連絡会では、米軍及び国に対して口頭要請を行いましたので、お知らせいたします。

    横田基地周辺市町基地対策連絡会による口頭要請(1月15日)

    昨年7月1日に当連絡会から、「新型コロナウイルス感染症が終息していないことを念頭に、訓練や飛行運用における時間帯を考慮し、頻繁な低空飛行、旋回飛行及びCV-22による長時間のホバリングを控える等、周辺住民の心情に十分配慮すること。」を要請しました。しかし、感染症は終息の見通しが立っておらず、国民が一丸となって長期的な対応に取り組んでいます。

    このような中、令和3年1月7日に、首都圏(1都3県)を対象とした、新型コロナウイルス感染症に係る緊急事態宣言が発出されました。

    基地周辺住民においては、不要不急の外出・移動の自粛などとあわせて、引き続き、学校・職場・自宅等での窓を開けての換気対策を実施しているため、航空機騒音等の影響が大きくなっており、以前にも増して住民からの苦情が寄せられております。

    貴職におかれましては、このような状況をご理解いただきたく、改めて、次のとおり要請します。(※)


    ※国に対しては、「貴職におかれましては、このような状況をご理解いただきたく、改めて、次のとおり米軍に申し入れを行うよう要請します。」と要請

    要請内容

    • 訓練や飛行運用の回数及び時間帯を考慮するとともに、基地周辺市街地上空での低空飛行及び旋回飛行を行わないこと。
    • CV-22による長時間のホバリングを控える等、周辺住民の生活に十分配慮すること。

    お問い合わせ

    羽村市役所企画総務部企画政策課

    電話: 042-555-1111 (企画政策担当)内線312

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム