ページの先頭です

平成25年第2回羽村市議会市長挨拶要旨

[2013年5月15日]

羽村市長 並木心

(平成25年5月15日)

おはようございます。

平成25年第2回羽村市議会、臨時会を招集いたしましたところ、議員各位のご出席を賜り、厚くお礼を申し上げます。

臨時会の開会にあたり、一言、ご挨拶を申し上げます。

3月の市議会議員補欠選挙において、印南議員が見事ご当選されました。

誠におめでとうございます。

今後のご活躍をご期待申し上げます。

さて、私事になりますが、先の市長選挙において、再び、市政を担当させていただくこととなり、この臨時会は、その最初の議会であります。

私は、これまでの3期12年間の経験を生かし、羽村市の更なる発展繁栄のため、市政運営に全力で取り組んでいく決意を新たにしているところであります。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、現下の我が国の社会経済情勢でありますが、外国為替相場では先週、1ドル100円台へと円安が進み、報道によると、大手企業の2013年3月期連結決算発表がヤマ場を越える中、790社の経常利益は、2013年3月期実績で、前期比10.0パーセント増加し、2014年3月期では、26.2パーセントの大幅増加となる見通しが示されており、円安・株高が、自動車や電機など、日本経済を牽引する輸出企業の業績を一気に押し上げる形となっております。

一方、最近の円安・株高傾向は、「日本企業に体質改善の猶予期間を与えたに過ぎない」と指摘する声もあります。

これらの動向が、市内産業にどのような影響をもたらすのかが、大変、気掛かりなところでありますので、市におきましては、社会経済情勢をはじめ、国や東京都の動向をよく見極め、市政運営を行っていくことが、極めて重要であるとの認識を新たにしております。

私は、社会経済の変動に敏感に対応するとともに、市民の日常生活に密着した基礎自治体の長として、地に足の着いた行財政運営に努め、将来を見据えた魅力ある地域社会の実現を目指してまいります。

議員各位におかれましては、行政運営の両輪として、人が輝き、安心と活力ある羽村を次世代の子ども達に引き継いでいくため、市政運営にご支援とご協力を賜りますよう、心からお願いを申し上げます。

なお、今次臨時会には、専決処分の承認案件1件、補正予算案件1件、人事案件1件、損害賠償案件1件、合わせて4件の議案をご提案申し上げております。

よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。

以上で、私の挨拶とさせていただきます。

ありがとうございました。

※平成25年第2回羽村市議会臨時会における羽村市長の挨拶の要旨をまとめたものです。
従って議事録とは異なる場合があります。

お問い合わせ

企画総務部企画政策課

電話: 042-555-1111 (企画政策担当)内線312

お問合せフォーム


平成25年第2回羽村市議会市長挨拶要旨への別ルート