ページの先頭です

平成29年度羽村市使用料等審議会の中間答申

[2017年8月1日]

 市では、平成29年5月11日、「羽村市使用料等審議会」を設置し、公共施設使用料などの受益者負担の適正化について、審議をお願いしています。

■答申

 平成29年7月10日、審議が終了した「住民票交付手数料等及びスポーツセンター使用料等」について、審議結果が市長に答申されました。

答申内容

【答申内容】

  • スポーツセンターの個人使用料(卓球室、トレーニングルーム)について、見直すことが適当である。
  • スイミングセンターの個人使用料(トレーニングルーム)について、見直すことが適当である。
  • コンビニ証明交付サービスに係る住民票交付手数料等について、窓口交付手数料と同額とすることが適当である。
  • スポーツセンターホール利用区分等について、見直すことが適当である。
並木市長(真ん中)に答申書を提出する金子会長(右)と内田職務代理(左)

答申全文

ダウンロードファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

※答申は、財政課窓口、市役所1階市政情報コーナーでもご覧いただけます。

■会議録

お問い合わせ

財務部財政課

電話: 042-555-1111 (財政担当)内線317

お問合せフォーム


平成29年度羽村市使用料等審議会の中間答申への別ルート