ページの先頭です

平成29年度羽村市使用料等審議会の答申

[2017年10月17日]

 市では、平成29年5月11日、「羽村市使用料等審議会」を設置し、公共施設使用料などの受益者負担の適正化や負担の公平性について、審議をお願いしてきました。

■答申

 平成29年7月10日の中間答申以降に審議を行った使用料などの審議結果が、10月12日に市長に答申されました。

答申内容

 •コミュニティセンター使用料について、見直すことが適当である。
 •学習等供用施設・地域集会施設使用料について、条例に規定する使用料に統一することが適当である。
 •公園運動場使用料について、見直すことが適当である。
 •公園夜間照明使用料について、見直すことが適当である。
 •学校運動場夜間照明使用料について、見直すことが適当である。
 •動物公園使用料について、料金区分および使用料の見直しを検討することが適当である。

並木市長(右)に答申書を提出する内田職務代理(左)

答申

羽村市使用料等審議会答申全文

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

※答申の内容は、財政課窓口、市役所1階市政情報コーナーでもご覧いただけます。

■会議録

お問い合わせ

財務部財政課

電話: 042-555-1111 (財政担当)内線317

お問合せフォーム


平成29年度羽村市使用料等審議会の答申への別ルート