ページの先頭です

CV-22オスプレイの奄美空港への着陸について

[2018年6月15日]

表題の件につきまして、防衛省北関東防衛局から、下記のとおり情報提供がありましたので、お知らせします。

なお、「横田基地に関する東京都と周辺市町連絡協議会」では、防衛省北関東防衛局長に対し、口頭要請を行いましたので、合わせてお知らせします。

防衛省北関東防衛局からの情報提供 第三報(6月15日)

  • 6月4日(月曜日)に鹿児島県の奄美空港に着陸した第353特殊作戦群所属(嘉手納飛行場)のCV-22オスプレイ(1機)について、米側から、

    ○エンジン部分等に不具合あり。

    ○今後、エンジンを交換する予定。

    との説明を受けております。

  • 当該オスプレイは、今後、機体の点検・整備により安全が確認された上で離陸するものと承知しておりますが、現時点においては、具体的なスケジュールは未定です。

  • 今後、本件に係る新たな情報が得られ次第、引き続き情報提供させていただきます。

「横田基地に関する東京都と周辺市町連絡協議会」による口頭要請(6月6日)

  • 6月4日に奄美空港に着陸したCV-22オスプレイ1機の不具合箇所、原因等の詳しくはな情報を速やかに提供すること。

防衛省北関東防衛局からの情報提供 第二報(6月5日)

  • 6月4日、午後3時頃、米空軍のCV-22オスプレイ1機が、横田飛行場から嘉手納飛行場へ向かう途中、僚機1機とともに鹿児島県奄美市の奄美空港に着陸しました。
  • 当該オスプレイは、嘉手納飛行場の第353特殊作戦群所属であり、飛行中に機内システムの警告があったため、パイロットは標準の手順に従い、最も近い施設であった奄美空港に安全に着陸。
  • 当該機は、現在、奄美空港において必要な整備・点検を行っています。
  • 今回の着陸による民航機への影響や被害は生じていないと承知。
  • 防衛省からは米側に対し、確実な整備・点検、安全管理の徹底及び更なる情報提供が行われるよう申し入れました。
  • また、6月4日、機体に問題のなかった1機が奄美空港を離陸し、その他の3機も含め計4機のCV-22オスプレイが、嘉手納飛行場に飛来。
  • 今般の嘉手納飛行場への飛来については、米側から、CV-22オスプレイは、地域の訓練に参加するため、途中、短期間滞在する予定との説明を受けており、6月5日、4機は同飛行場を離陸。

防衛省北関東防衛局からの情報提供 第一報(6月4日)

  • 第353特殊作戦群所属のCV-22×2機が、うち1機の機内システムの警告により、 6月4日、午後3時頃奄美空港に着陸しました。
  • パイロットは標準の手順に従い、安全に着陸しました。
  • 本件着陸によりけが人や損害は生じていません。残りの1機は運用支援のため着陸したもので、異常はありません。
  • 当該機が任務を継続するに先立ち、整備士が修理し、警告の原因を特定して問題を解決します。

お問い合わせ

企画総務部企画政策課

電話: 042-555-1111 (企画政策担当)内線312

お問合せフォーム


CV-22オスプレイの奄美空港への着陸についてへの別ルート