ページの先頭です

平成31年全国広報コンクール【映像部門】で入選1席を受賞しました!

[2019年5月10日]

全国広報コンクールは、都道府県等の審査・推薦により提出された広報作品を対象に行われるものです。
この度、平成30年度東京都広報コンクール【映像部門】で最優秀賞を受賞した羽村市の作品が推薦され、映像部門の入選1席を受賞しました。
なお、平成30年度東京都広報コンクール【組み写真部門】では奨励賞を受賞しました。

・全国広報コンクールについて詳しくは全国広報コンクールのページ(別ウインドウで開く)(外部リンク)をご覧ください
・東京都広報コンクールについて詳しくは東京都広報コンクールのページ(別ウインドウで開く)(外部リンク)をご覧ください

映像部門 入選1席

春祭り特別番組 五ノ神の山車 前編~百年先を造る~

平成30(2018)年5月にテレビはむらで放送した春祭り特別番組の前編です。
五ノ神社の山車の新造におよそ2年間に渡って密着したドキュメンタリー番組です。
YouTube東京都羽村市公式チャンネル(別ウインドウで開く)(外部リンク)で前編・後編ともにご覧いただけます。


平成30年度東京都広報コンクール審査委員のコメント

阿部 祐樹さん(株式会社電通 第3CRプランニング局 部長 クリエーティブ・ディレクター)

中身の山車の作品は素晴らしいです。演出もいろいろなことをそぎ落としているものの、地味になることなく、思わず見入ってしまう上がりになっています。ナレーションも少ないのですが映像がこの上なく美しく、ついつい見入ってしまいます。最初と最後のMCは作品としては、なくてもよかったかもしれません。「山車をつくりあげる」という芸術作品をみせてもらった感じでしょうか。カメラワークも演出も相当レベル が高いので、同じ要素でもここまで見せられるものに仕上げるのは、むつかしいでしょう。いいものを見せてもらい、ありがたい限りです。

高橋 幸作さん(株式会社NHKエデュケーショナル 特集文化部統括プロデューサー)

羽村の春祭り、その中の五ノ神社では100年に一度の新山車を作るという大プロジェクトがスタートしていた。この番組はその想像を絶す る細かく慎重な作業を二年間に渡って追ったドキュメンタリーである。いろいろ長所があるが、とにかくカメラワークがキレがあって良い、 つくる職人たちの顔が良い、ナレーションもよく練られているし音楽のセンスも良い、と三拍子揃って良い!そして最後には普遍的な「人間ド キュメント」に昇華し到達した点を何よりも特筆すべきだと思った。後編も見たくなる優秀作。

組み写真部門 奨励賞(平成30年度東京都広報コンクール)

広報はむら 平成30年5月15日号 1~2P

映像部門と同じく、五ノ神社の山車新造について特集した記事です。
新しい山車の誕生に笑顔が溢れる五ノ神の人々を組み写真で表現しました。

受賞した広報はむら5月15日号の画像。新しい山車や笑顔あふれる五ノ神の人々の画像が並んでいる。

広報はむら平成30年5月15日号をPDFでご覧いただけます

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

企画総務部広報広聴課

電話: 042-555-1111 (広報係)内線337 (市民相談係)内線540

お問合せフォーム


平成31年全国広報コンクール【映像部門】で入選1席を受賞しました!への別ルート