ページの先頭です

市で収集・処理できないごみ

[2016年7月20日]

■処理困難物

処理困難物とは次のものです。販売店や廃棄物処理業者などの専門業者にご相談ください。

  • 自動車・バイク・船舶・ジェットスキー・スノーモービルおよびその部品(本体・タイヤ・ホイール・マフラー・シート・バッテリー・スプリングなど)
  • 建築廃材(畳・瓦・柱・内外壁・タイル・ソーラーシステム・便器など)
  • 廃油・油脂類(機械および自動車廃油・ペンキ・塗料など)
  • 薬品類(農薬・医療系廃棄物・有毒性物質・殺菌剤・殺虫剤・肥料など)
  • 農業用具(農機具・農業用ビニールシートなど)
  • 土砂類(石・土砂・コンクリート・堆肥など)
  • 爆発危険物(ガスボンベ・火薬など)
  • 医療系廃棄物(注射器・注射針・感染性廃棄物など)
  • その他の処理困難物(大型金庫・ドラム缶・ピアノ・電動車いす・エンジン・モーター・業務用事務機器など)

■廃消火器回収について

平成22年1月1日より「消火器リサイクルシール」の貼付と消火器回収の新システム運用が開始されました。

消火器については、処理困難物として自治体による回収は行われていませんでした。このため、販売業者などを通じて処理されていました。

新システムでは、消火器排出者がリサイクルシールを購入し、

方法1
特定窓口に引き取りを依頼する。

方法2
指定引取場所に持ち込みをする。

方法3
ゆうパックによる回収を依頼する。

の方法で消火器を廃棄できます。

 

詳しくは、消火器リサイクル推進センターのホームページ(別のサイトへ移ります)をご覧ください。

■家電リサイクル (テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、エアコン)

電化製品のうち、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、エアコンは、家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)により、市では処理できません。
テレビ


●ブラウン管テレビ
●プラズマテレビ・液晶テレビ

冷蔵庫・冷凍庫


●冷蔵庫・冷凍庫

洗濯機・衣類乾燥機


●洗濯機
●衣類乾燥機

エアコン


●エアコン

市では処理できないため、下記のような手続きが必要となります。(家電リサイクル料金が必要です。)

1.購入店での引き取りを依頼する

その製品を購入した販売店に依頼してください。

2.買い替えの際に依頼する

新しい製品を購入する販売店に依頼してください。

3.自分で手続きをする

まず、メーカーを調べて、郵便局・ゆうちょ銀行で家電リサイクル料金を支払います。(支払後の、家電リサイクル券は、家電を引き渡す際に必要となります。)

家電リサイクル料金は、機器の種類および製造業者(メーカー)により料金が異なります。
一般的には、テレビ小/15型以下1,836円~、テレビ大/16型以上2,916円~、冷蔵庫・冷凍庫小/170リットル以下3,672円~、冷蔵庫・冷凍庫大/171リットル以上4,644円~、洗濯機・衣類乾燥機2,484円~、エアコン972円~で、別途払込手数料がかかります。

家電リサイクル料金を支払った後は、下記のいずれかの方法で処理してください。

(1)自宅回収を依頼する

丸順商事(有)に連絡し、引き取りを依頼し、引き取り日・収集運搬料金についてご相談ください。

丸順商事(有) 電話042-554-2229
受付時間:祝日を含む月曜日~金曜日 午前9時~午後5時(年末年始を除く)

※収集運搬料金を支払うための立会いが必要です。 
※部屋からの持ち出しについては、別途料金が必要となります。丸順商事へご相談ください。

(2)羽村市内の中間集積所へ自分で持ち込む

中間集積所(丸順商事(有))へ機器を運び、運搬料金を支払います。

丸順商事(有) 羽村市富士見平2-1-14 電話042-554-2229
受付時間:祝日を含む月曜日~金曜日 午前9時~午後5時(年末年始を除く)

※詳しくは丸順商事(有)へお問合せください。

(3)メーカーが用意した指定引取場所に持ち込む(立川市内)

各メーカーが用意した次の指定引取場所へ受付時間を確認のうえ持ち込んでください。
指定引取場所
会社名住所連絡先
(株)葵環境開発 入間エコプラント埼玉県入間市狭山ケ原376電話04-2934-6402
ファクス04-2934-6403
日通東京西運輸(株) 立川取扱所立川市泉町935-1 立飛リアルエステート内207号棟電話042-524-3217
ファクス042-548-2851

家電リサイクルについて詳しくは、財団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センターのホームページ(別のサイトへ移ります)をご覧ください。

■パソコンリサイクル (家庭系パソコン)

平成15年10月1日から、「資源有効利用促進法」に基づき、”パソコンリサイクル”が開始されました。
これは、消費者とメーカーが協力しながら、使用済みパソコンを再資源化することにより、廃棄物の削減と資源の有効利用の促進を目指すものです。
市では処理できませんので、次の方法により、メーカーに回収の依頼をしてください。

パソコン1

●ノートブックパソコン

パソコン2

●デスクトップパソコン本体
●CRTディスプレイ・CRTディスプレイ一体型パソコン
●液晶ディスプレイ・液晶ディスプレイ一体型パソコン

回収依頼の方法

  1. パソコンのメーカーと種類を確認して、各メーカーに回収を申し込みます。
  2. メーカーからリサイクル料金の振込用紙が送られてきます。
  3. 振込用紙で、郵便局・ゆうちょ銀行または指定された銀行・コンビニなどで料金を支払います。
  4. 支払い後、メーカーから輸送伝票(エコ郵パック伝票)が送られてきます。
  5. パソコンを梱包し、輸送伝票(エコ郵パック伝票)を張ったあと、郵便局へ直接持ち込むか、郵便局へ戸口収集を依頼します。
  6. メーカーに届き、リサイクルされます。

 

●メーカーの存在しないパソコンについて
自作パソコンなどでメーカー製でないパソコンは、一般社団法人パソコン3R推進協会が申し込み先となり、同様の方法でリサイクルされます。

●データの消去について
ハードディスクのデータの消去は利用者自身が行ってください。故障などで消去できない場合は、メーカーに相談することをお勧めします。

平成15年10月以降に購入したパソコンは、無償で各メーカーが回収します。

●付属品のマウス・キーボード・スピーカー・ケーブルなどは本体に含みますが、付属品だけを単独で廃棄する場合は、対象とはなりません。

●プリンタ・スキャナー・ワープロ・PDA(携帯情報端末)・ワークステーション/サーバー・ゲーム機・取扱説明書/マニュアル・CD‐ROMなどは対象外です。

家庭系パソコンの回収受付窓口

 パソコンの回収を依頼する場合は、廃棄するパソコンの各メーカーへ連絡してください。

詳しくは、各社のホームページまたは、一般社団法人 パソコン3R推進協会のホームページ(別のサイトへ移ります)でご確認ください。

パソコンリサイクル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

産業環境部生活環境課

電話: 042-555-1111 (生活環境係)内線222 (リサイクルセンター係)042-578-1211

お問合せフォーム