ページの先頭です

平成30年度青梅・羽村ピースメッセンジャー参加者募集

[2018年4月15日]

戦後70年以上が経過して戦争体験者が減少していく中、中学生などの若い世代が戦争を体験した人から直接話を聞くなど、戦争の悲惨さや平和の大切さについて考える機会が減少しています。

そこで、青梅市・羽村市の中学生を「青梅・羽村ピースメッセンジャー」として広島市へ派遣し、さまざまな平和関連事業を体験することで、戦争の悲惨さと平和の大切さを自らが考え、平和の大切さを発信できる人材を育成するため、「青梅・羽村ピースメッセンジャー」事業を行います。

新しい友達と一緒に、ほかでは体験することのできない「平和の大切さを感じる旅」に参加しませんか。

内容

事前研修、広島訪問、事後研修、派遣報告会・ワークショップなど

※参加費は無料です。

(広島派遣にかかる交通費・宿泊費・食費・施設見学料・保険料を主催者が負担します。個人的に必要な費用は除きます。)

日程

【事前研修】

7月6日(金曜日)午後7時~9時、7月13日(金曜日)午後7時~9時、7月23日(月曜日)午後9時~午後5時

【出発式】

7月30日(月曜日)午後7時~8時

【広島訪問】

8月4日(土曜日)~6日(月曜日)

※グループ活動を中心に、被爆体験者による証言、広島平和記念資料館などの見学、広島市の中学生とのワークショップ、平和記念式典への参列などを予定しています。

【事後研修】

8月11日(土・祝)午前9時30分~午後4時、8月15日(水曜日)午前9時30分~午後4時

【報告会・ワークショップ】

8月19日(日曜日)午前9時30分~午後4時

※広島訪問以外の日程は、変更する場合があります。


応募資格

・市内在住の、羽村市立中学校以外の中学校に在籍する中学生

・青梅市と羽村市で実施する事前研修・出発式・事後研修・ワークショップ・派遣報告会に参加できること。


※市立中学校在籍者は、各学校での募集となります。

募集人数

3名

選考方法

作文審査と面接

作文

テーマを1つ選択し、所定の原稿用紙に800字程度の作文を作成して、申込書と一緒に提出してください。

テーマは、以下のどちらかを選択してください。

  • 「平和について」
  • 「広島に行って学びたいこと」

※作文は自筆に限ります。

面接

日時・時間は、別途連絡します。

申込み

5月9日(水曜日)(必着)までに、市役所1階案内、3階企画政策課窓口、図書館で配布する募集案内を確認の上、申込書に必要事項を記入し、写真を添付して作文と一緒に、郵送または直接企画政策課へ提出してください。

送付先:〒205-8601(所在地記載不要) 羽村市企画総務部企画政策課

※持参の場合は、午前8時30分~午後5時まで(土曜日・日曜日・祝日除く)

主催

青梅・羽村子ども体験塾実行委員会

問合せ

羽村市事務局(羽村市企画政策課)

電話 555-1111(内線367) ファクス 554-2921 メール s101000@city.hamura.tokyo.jp


※青梅・羽村ピースメッセンジャー事業は、東京都市長会の多摩・島しょ広域連携活動助成事業を活用して行っています。

お問い合わせ

企画総務部企画政策課

電話: 042-555-1111 (企画政策担当)内線312

お問合せフォーム


平成30年度青梅・羽村ピースメッセンジャー参加者募集への別ルート