ページの先頭です

認定農業者制度

[2017年5月2日]

認定農業者制度とは

認定農業者制度は、農業者が「農業経営基盤強化促進基本構想」に示された農業経営の目標に向けて、自らの創意工夫に基づき、経営の改善を進めようとする「農業経営改善計画」を市が認定し、これらの認定を受けた農業者に対して重点的に支援措置を講じようとするものです。認定を受けた方は「認定農業者」として、羽村市の農業の中核となり、活躍することが期待されています。

認定農業者になると

認定農業者になると、経営改善に向けた研修を受けることや、農業経営の育成支援を行うための都の補助事業が活用できるなどの利点があります。

都市農業活性化支援事業(東京都産業労働局公式サイト)

対象者

市内農業者

募集期間

おおむね年1回募集を行います。詳しくは産業振興課農政係まで問い合わせてください。

農業経営基盤強化促進基本構想

羽村市では農業経営基盤強化促進法に基づき、効果的かつ安定的な農業経営を育成し、農業経営の目標を明らかにするとともに、その目標に向けて農業経営の改善を計画的に進め、農業の健全な発展に寄与することを目的として、「農業経営基盤の強化の促進に関する基本的な構想」を平成29年3月に定めました。

農業経営基盤の強化の促進に関する基本的な構想

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

産業環境部産業振興課

電話: 042-555-1111 (商工観光係)内線655 (農政係)内線661 (消費生活係)内線640

お問合せフォーム