ページの先頭です

立川市へのパラシュート落下について(要請)

[2020年7月7日]

表題の件につきまして、防衛省北関東防衛局から下記のとおり情報及び続報の提供がありましたので、お知らせいたします。

なお、横田基地に関する東京都と周辺市町連絡協議会では、下記のとおり追加口頭要請を行いましたので、あわせてお知らせします。

また、本件については、同協議会において、7月3日付で文書要請を行っています。

防衛省北関東防衛局からの情報提供(7月7日)

横田基地広報部から、本日(7月7日)、通常の運用時間内(午前6時~午後10時)において人員降下訓練を再開する旨、情報提供がありました。

北関東防衛局としては、去る7月2日に立川市にて発生した同訓練に係る事案に関し、米側は同訓練を安全に継続できると確認した時点で再開予定としていることから、これに関し説明を求めているところです。

本訓練の実施に際しては、米軍に対し、安全対策に万全を期すとともに、日米合同委員会合意の遵守に努め、周辺住民に与える影響を最小限にとどめるよう配慮を要請しました。

防衛省北関東防衛局からの続報(7月3日)

パラシュートなどの落下を確認できた場所は2か所です。

一つ目、西砂町2-5-14東京都水道局西砂第1浄水場敷地内の施設に落下を確認しました。

二つ目、西砂町4-1付近の電線上にパラシュートの備品らしいものが引っかかっているのを確認しました。

防衛省北関東防衛局からの情報提供(7月2日)

発生日時

令和2年7月2日(木曜日)午後2時10分頃

落下場所

立川市西砂町5-11付近

米側からの情報

  • 令和2年7月2日(木曜日)午後2時10分頃、横田基地において人員降下訓練を行っていた落下傘兵が、降下中にメインパラシュートを切り離し、予備パラシュートを使用して安全に着地しました。
  • パラシュートの備品2つが立川市付近で発見されました。
  • パラシュート降下訓練は一時的に中断され、同訓練を安全に継続できると確認した時点で再開予定です。
  • 現時点で、けが人または器物損壊は報告されていません。
  • 人員降下訓練及び物資投下訓練を実施するにあたって、安全は常に我々の最優先事項です。この案件については現在調査中です。

防衛省北関東防衛局の対応

本件について、北関東防衛局長より、安全管理の徹底、事故の原因究明及び実効性のある再発防止策を講じること、そして、原因が究明されるまで訓練の中止をすることを申し入れています。

横田基地に関する東京都と周辺市町連絡協議会による追加口頭要請(7月7日)

令和2年7月7日、北関東防衛局より、「米軍は、本日、通常の運用時間内において人員降下訓練を再開する。」との情報が、東京都及び基地周辺自治体に提供された。

横田基地に関する東京都と周辺市町連絡協議会では、7月3日、「今回の基地外へのパラシュート落下の原因究明と、他の落下物の有無の確認を速やかに行うとともに、再発防止策を講ずるまでは、同様の訓練は行わないこと」を求めていたが、これらに関する具体的な説明がないまま、訓練が再開されたことは、周辺住民の不安を増大させるものであり、誠に遺憾である。

さらに、7月2日に終了すると情報提供を受けていた訓練が、本日、再開されたことは、周辺住民の不信感につながるものである。

ついては、事故原因、他の落下物の有無及び再発防止策について、至急、関係自治体へ説明を行うとともに、それまでの間、同様の訓練を行わないよう改めて要請する。(※)

 

※国に対しては、「ついては、事故原因、他の落下物の有無及び再発防止策について、至急、関係自治体へ説明を行うとともに、それまでの間、同様の訓練を行わないよう米軍への申し入れを改めて要請する。」と要請

横田基地に関する東京都と周辺市町連絡協議会による文書要請(7月3日)

要請日

令和2年7月3日(金曜日)

要請者

横田基地に関する東京都と周辺市町連絡協議会(会長:東京都知事、副会長:立川市長)

要請先

  • 在日米軍横田基地第374空輸航空団司令官
  • 防衛省北関東防衛局長
  • 横田防衛事務所長

要請方法

郵送

要請内容

横田基地に関する東京都と周辺市町連絡協議会による文書要請

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

企画総務部企画政策課

電話: 042-555-1111 (企画政策担当)内線312

お問合せフォーム


立川市へのパラシュート落下について(要請)への別ルート