ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

羽村市

はむらってこんなまち羽村市公式PRサイト

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    社会教育関係団体補助金

    • 初版公開日:[2021年07月30日]
    • 更新日:[2021年7月30日]
    • ID:15371

    市では、学習・文化活動やスポーツ・レクリエーション活動などを行う団体の事業に要する経費の一部を補助金として交付しています。

    通常、毎年5月ごろに募集を行います。詳しくは市公式サイト、「はむらの教育」などでお知らせしています。

    ※令和3年度の募集は締め切りました。

    交付対象となる団体

    * 社会教育に関する事業を行うことを主たる目的とし、事業に要する経費を自ら負担しても、なお公的支援を必要とする団体で、次の要件を備えている団体。

    ① だれもが加入できる構成員5人以上の次のいずれかの団体

    1)青少年団体・・・活動の趣旨が青少年の健全育成を目的としており、補助金交付申請時に、構成員(団体の会長及び副会長、会計、会計監査等の役員を含める。)の7割以上が市内在住者で、なおかつ構成員のおおむね半数以上が18歳未満の者であること。

    2)成人団体・・・青少年団体以外の団体をいい、補助金交付申請時に、構成員の7割以上が市内の在住または在勤者であること。

    ② 団体の運営及び活動を統括する代表者、ならびに団体の収支を経理する会計担当者をはじめその他運営上必要な係を設けて、団体の構成員により自主的な団体運営が行われていること。なお、代表者、会計担当者及び会計監査(またはそれに相当する者)は、原則、それぞれ異なる者であること。

    ③ 会費を徴収していること。

    ④ 会員名簿および団体の規則(またはこれに準ずるもの)を備えていること。

    ⑤ 当該年度の4月1日をもって1年以上、団体としての活動実績があること。

    ⑥ 市から他の運営補助を受けていないこと。

    対象となる事業

    ① 団体の日常的な活動(毎週の定期練習や大会・発表会への参加など)

    ② 市民を対象とした講座やワークショップ、スポーツ活動

    ③ 一般市民が利用できる学習資料などの作成・発行

    ④ 社会奉仕・社会参加等のボランティア活動など

    交付基準・交付規則

    詳しくは、「交付基準」「交付規則」の内容をご確認ください。

    社会教育関係団体補助金 交付基準・交付規則

    Adobe Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

    必要書類

    問合せ

    ◇学習・文化団体◇

    教育委員会生涯学習部生涯学習総務課生涯学習推進係(市役所西庁舎3階11番窓口)

    電話:042-555-1111(内線363)


    ◇スポーツ・レクリエーション団体◇

    教育委員会生涯学習部スポーツ推進課スポーツ推進係(スポーツセンター内)

    電話:042-555-0033

    お問い合わせ

    羽村市役所教育委員会 生涯学習部生涯学習総務課(生涯学習推進係)

    電話: 042-555-1111 (生涯学習推進係)内線362

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム