ページの先頭です

就学援助制度をご活用ください

[2017年4月21日]

市内に住所を有する児童・生徒の保護者のうち、経済的な理由により教育費の支出が困難な方に、所得に応じて学用品費や給食費などを援助する「就学援助制度」を行っています。

制度の利用を希望する方は、申請願います。

申請方法

市内の小・中学校に通っている方

申請書はすべての児童・生徒に学校で配布しました。ご確認ください。

【提出先】 学校教育課学務係または在籍している学校

市外の小・中学校に通っている方

印鑑・振込指定口座をお持ちください。

※借家の場合は、家賃(駐車場代・共益費等を除く)支払いを証明する書類(賃貸借契約書等)も持参してください。

【提出先】 学校教育課学務係

提出期限

4月28日(金曜日) 午後5時

※提出期限までに、申請書の提出がない場合は、4月からの適用となりませんのでご注意願います。

※所得状況等を調査し、認定通知等を8月末日までに郵送します。

申請・再申請は随時受け付けています

申請書を提出期限までに提出していなかった方や、年度途中で失業や離婚等により、著しく経済的変動があった方については、5月以降も随時、申請を受け付けていますのでご活用ください。申請・再申請で認定になった場合には、申請書の提出のあった月から、支給の対象となります。

※認定月の遡及はありません。

申請したが否認定となった方

前年度所得を基に審査を行っています。当該年度において一度否認定となった場合でも、年度途中で失業・離婚等により、著しく経済的変動があった世帯については、再申請が可能です。その場合、直近3ヶ月の収入金額を基に再度審査を行いますので、収入がある方全員の給与明細等が必要となります。

判定基準

基準額は、家族構成や年齢などで異なります。おおよその目安は以下の表のとおりです。

基準表
世帯人数家族構成年間総収入額
(持家)
年間総収入額
(借家)
2人 父または母(29才)・児童(6才)約240万円約360万円
3人 父(36才)・母(34才)・児童(9才)約314万円約424万円
4人 父(45才)・母(42才)・生徒(13才)・児童(9才)約395万円約500万円
5人 父(45才)・母(42才)・生徒(14才)・生徒(12才)・児童(10才)約473万円約578万円

その他

※ 援助費目は、「学用品費」・「給食費」・「校外活動費」などです。

※ 就学援助費は、免除制度ではありませんので、各費用を学校または羽村・瑞穂地区学校給食組合に必ずお支払ください。

※ 年度毎に認定することから、毎年申請書は必要となります。

   なお認定された方には、年3回基準に基づいた金額をお支払いします。

申請先

学校教育課学務係(電話042-555-1111) 市役所西庁舎3階8番窓口

お問い合わせ

教育委員会 生涯学習部学校教育課(学務係)

電話: 042-555-1111 (学務係)内線356

お問合せフォーム


就学援助制度をご活用くださいへの別ルート