ページの先頭です

難病の方も障害福祉サービスが利用できるようになります。

[2013年3月6日]

障害者総合支援法が施行されます。

「障害者自立支援法」が「障害者総合支援法」(正式には、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律)として見直しが行われ、平成25年4月1日から施行されます。

見直しにより、障害者の定義に難病などが追加され、難病の方も障害福祉サービスなどが、受けられるようになります。

新たに対象となる方は、身体障害者手帳などの有無にかかわらず、必要に応じて障害程度区分の認定などの手続きを経たうえで、必要と認められたサービスが利用できます。

主なサービス内容は、ホームヘルプサービス、短期入所、日常生活用具の給付、補装具の給付などです。

利用者負担額は、住民税を基準に決定されます。

対象となる難病の範囲などについては、お問合せください。

お問い合わせ

福祉健康部障害福祉課

電話: 042-555-1111 (障害福祉係)内線172 (障害者支援係)内線185

お問合せフォーム


難病の方も障害福祉サービスが利用できるようになります。への別ルート