ページの先頭です

平成25年度羽村市使用料等審議会

[2013年11月1日]

市では、平成25年5月24日、「使用料等審議会」を設置し、公共施設使用料などの適正化、負担の公平性について審議をお願いしています。

■答申

平成25年10月15日、審議結果が市長に答申されました。

答申内容

【答申内容】

  • コミュニティセンターなどの各種使用料と、放置自転車等撤去手数料などの各種手数料、下水道使用料は、現行使用料を据え置くことが適当である。
  • 水道料金については、見直すことが適当である。
  • 市外料金の設定については、各施設の稼働率や市外利用者の利用状況を把握した上で、施設ごとに検討する必要があると考える。
  • 減免規定については、施設の設置目的を勘案し、適用範囲を見直すとともに、社会教育関係団体の減免については、施設間で統一を図る必要があると考える。
並木市長(右)に答申書を提出する矢部会長(真ん中)と河村職務代理(左)

答申全文

ダウンロードファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

※答申は、財政課窓口、市役所1階市政情報コーナーでもご覧いただけます。

■会議録

お問い合わせ

財務部財政課

電話: 042-555-1111 (財政担当)内線317

お問合せフォーム


平成25年度羽村市使用料等審議会への別ルート