ページの先頭です

平成27年度第5回羽村市国民健康保険運営協議会会議録

[2016年5月30日]

平成27年度第5回羽村市国民健康保険運営協議会会議録

日時

平成28年3月24日(木曜日) 午後7時30分~午後8時

会場

市役所4階特別会議室

出席者

会長:桑原壽、委員:小山克也、内田正敏、古川朋靖、松崎潤、増田晴美、渡邉和子、日下部昇、宮川陽一、樋口兼造

欠席者

なし

報告事項

1.平成28年度国民健康保険事業会計予算の概要について

2.平成27年度国民健康保険税の収納状況等について

3.平成27年度特定健康診査・特定保健指導実施状況について

4.課税限度額と軽減判定所得の見直しについて

傍聴者

1人

配布資料

1-1,1-2 平成28年度羽村市国民健康保険事業会計予算の概要

2 国保年度別月別療養給付費の推移

3 平成27年度国民健康保険税の収納状況等について

4 平成27年度特定健診・平成27年度保健指導実施状況

5 平成28年度羽村市国民健康保険運営協議会開催スケジュール(案)

内容

(事務局小林) 皆さん、こんばんは。ちょっと寒さが戻ってきて、お寒い中、またお忙しい中、お集まりいただきましてありがとうございました。

 それでは、これより平成27年度第5回羽村市国民健康保険運営協議会を開会させていただきます。

 開会に当たりまして、市民生活部長よりご挨拶を申し上げます。なお、市民生活部長でございますけれども、本年1月1日付で異動がございまして、早川より伊藤にかわりましたので、あわせてご報告いたします。

 

(伊藤市民生活部長) 改めまして、皆さん、こんばんは。本年1月1日付で市民生活部長に着任いたしました伊藤でございます。どうぞよろしくお願いいたします。

 平素より皆さん方には国民健康保険の事業運営に多大なるご尽力を賜っておりますことを、この場をおかりいたしまして厚く御礼申し上げます。

 また、本日の案件でございますけれども、報告事項4件ということで予定をさせていただいております。よろしくお聞き取りいただきますようお願い申し上げまして、簡単ではございますが、挨拶とさせていただきます。

 本日はどうぞよろしくお願いします。

 

(事務局小林) それでは、協議会を始めさせていただきたいと思います。

 桑原会長、よろしくお願いいたします。

 

(桑原議長) それでは、会議に入ります前に、一言ご挨拶を申し上げさせていただきます。

 皆さん、今回も夜の7時ということで、花冷えする2月頃の陽気ですけれども、スポーツセンターの桜もちらちらと開いているんですけど、急に寒くなりました。お疲れのところ、どうかよろしくお願いいたします。

 本日の出席委員は10名でございます。羽村市国民健康保険運営協議会規則第7条の定足数に達しておりますので、始めさせていただきます。

 初めに、羽村市国民健康保険運営協議会規則第12条の規定によりまして、今回の会議録署名委員を指名いたします。今回は、小山委員と渡邉委員を指名いたします。

 それでは、次第に従いまして会議を開会いたします。

 本日、傍聴を希望される方が1名いらしています。羽村市審議会等の設置及び運営に関する指針に基づきまして傍聴を認めますので、ご理解をいただきたいと存じます。

 それでは、報告事項1、平成28年度国民健康保険事業会計予算の概要について、事務局より説明願います。

 

(事務局井本) 説明に入ります前に、資料の確認をさせていただきたいと思います。

 事前配布した資料ですけれども、まず、お忘れの委員はいらっしゃいますでしょうか。大丈夫でしょうか。

 あと、机上に、「広報はむら」4月1日号の案というものと、「東京の国保」2冊、あと資料1-2、こちらは申しわけございません。当日差しかえということで、資料1-2を2枚配布していますが、数値に訂正がありましたので、差しかえをお願いしたいと思います。よろしくお願いします。

 昨日なんですけれども、議会の最終日でしたが、平成28年度国民健康保険事業会計予算は、議会において可決されましたので、概要説明に入る前にご報告とさせていただきたいと思います。

 

 (資料説明)

 

(桑原議長) それでは、質疑応答に入ります。質疑ございませんか。

 最後に全体を通しての質疑を行いますので、それでは、とりあえず次に行きたいと思います。

 では、2番、平成27年度国民健康保険税の収納状況等について、説明願います。

 

 (資料説明)

 

(桑原議長) 収納状況についての説明は終わりました。

 それでは、質疑応答に入ります。日下部委員。

 

(日下部委員) 収納率アップに取り組んで成果を上げているようなんですけど、91%を目標で見込んでいるというんですけど、もうちょっと高い目標はできないんですか。

 

(事務局島田) 目標としては、もう少し高くということですが、今の収納状況から見まして91%ぐらいとなる見込みということで、記載させていただいております。

 

(日下部委員) ちなみに、他の市の状況はどんな状況なんでしょうか。

 

(事務局島田) 26市につきましても、やはり今年度、前年比に対しまして収納率はかなり向上しております。どこの市も向上している状況です。

 

(日下部委員) 何%ぐらいなんですか。羽村市と大体同程度なのか。

 

(事務局島田) 27年度12月末の状況で、たしか26市の平均が、前年が60.4%ということで、プラス0.3ポイント、27年12月末でですね。その状況というふうに聞いております。

 

(日下部委員) どうもありがとうございました。

 

(桑原議長) それでは、ほかに質疑ございますでしょうか。樋口委員。

 

(樋口委員) 2の滞納繰越分、それの累計調定額が、2月末が1月末に比べて500万ぐらい減っていますけれども、これはやはり欠損したとか、何かの理由があって減になっているということなんですかね。理由を参考にお聞きしたいんですけれども。

 

(事務局島田) こちら、毎月毎月、例えばさかのぼっての社会保険加入の方につきましては、賦課が取り消しになるんですけれども、その分が今年、最後2月末の時点で、その取り消しの分の調定を落としたということでございます。この中に不納欠損は入っておりません。

 

(桑原議長) よろしいですか。

 

(樋口委員) はい。

 

(議長) ほかに質疑ございますか。

 本件につきましては、最後に全体を通しての質疑を受けますので、次に行きたいと思います。

 では、3番目の平成27年度特定健康診査・特定保健指導実施状況について、説明願います。

 

 (資料説明)

 

(桑原議長) 説明は終わりました。

 それでは、この件について質疑を行います。質疑ございますか。日下部委員。

 

(日下部委員) 特定健康診査にかかる費用、料金、これは全体の医療費の中で何%ぐらい占めているか、一度知りたかった。

 

(事務局古屋) 会長、よろしいですか。

 

(桑原議長) はい、どうぞ。

 

(事務局古屋) 今、委員さんのご質問なんですけれども、1回当たりの受診にかかる単価ということではなくて、全体の医療費に占める特定健診の割合ということでしょうか。

 

(日下部委員) はい。

 

(事務局古屋) そうしますと、資料1-1に予算フレームが載っている資料があろうかと思うんですけれども、こちらの保健事業費の特定健診等の事業費というところがございますので、ここを見ていただくと、全体の予算の中の0.8%程度を占めているというような形になります。

 

(日下部委員) ありがとうございました。

 

(桑原議長) よろしいですか。そのほかに質疑ありますでしょうか。

 本件につきましては、最後に全体を通しての質疑を受けますので、次に行きたいと思います。

 では、4、課税限度額と軽減判定所得の見直しについて、説明を願います。

 

 (資料説明)

 

(桑原議長) 説明は終わりました。

 それでは、質疑に移りたいと思います。質疑ございますか。

 本日の案件全体に対しての質疑、質問でも結構ですけれども、質疑ございますか。どうぞ、質疑おありでしたら挙手をお願いいたします。よろしいでしょうか。

 では、皆さんからの質問も出尽くしたようですので、報告事項は終了といたします。

 それでは、平成28年度国民健康保険運営協議会開催スケジュール(案)について、事務局より説明願います。

 

 (資料説明)

 

(桑原議長) 何か皆さんのほうでご質問ございますでしょうか。

 ご質問ないようですので、このほかに、委員、事務局から伝達事項等はありませんでしょうか。では、事務局、どうぞ。

 

(事務局小林) ほかに、今ご説明していない資料といたしまして、羽村市保健センターの成人保健事業、これは28年度の案でございます。このほかに、スポーツカレンダー等も置いております。こちらによりまして、メタボリックの解消等を市全体としてやっていくというようなことでございますので、ご理解いただきたいと思います。

 私からは以上でございます。

 

(桑原議長) はい。

 

(事務局井本) あともう1点、本日机上配布させております「広報はむら」4月1日号の案についてでございます。本日、資料配布させていただきましたけれども、今年度、27年度運営協議会でご議論いただきまして、保険税の改定をはじめ、1人当たりの医療費が年々上昇している、その他、一般会計から多くの赤字補塡をしている国保会計の厳しい状況、また、被保険者一人一人が健康づくりを推進することで、最終的には医療費の削減が図れるなど、そういう委員さんからお話いただきましたので、そういったものを一覧にして、今回、「広報はむら」に掲載していきたいと考えております。

 また、このほか、羽村市の公式サイト、こちらも、4月1日から情報発信をしていきたいと考えておりますので、よろしくお願いします。

 事務局からは以上になります。

 

(桑原議長) そのほかにございますか。市民生活部長。

 

(伊藤市民生活部長) それでは、私のほうから、平成27年度第5回の運営協議会の終了に当たりまして、一言お礼を述べさせていただきたいと思います。

 平成27年度、5回にわたりまして運営協議会を開催いたしましたところ、委員の皆さんには、非常にご多忙中にもかかわらずご出席を賜り、また、活発なご審議並びに貴重なご意見を賜りましたことを、この場をおかりいたしまして御礼を申し上げさせていただきます。

 また、引き続き、先ほどスケジュールのご提案もさせていただきましたけれども、この会を開催してまいりますので、引き続き、また皆さん方のご忌憚のないご意見等をいただければと思っております。どうぞよろしくお願いします。

 どうもありがとうございました。

 

(桑原議長) 以上をもちまして、第5回羽村市国民健康保険運営協議会を終了いたします。

 2年間の任期のうちの1年が終了いたしました。今年度の会が円滑にできたことにつきまして、皆さんに感謝いたします。大変にありがとうございました。

お問い合わせ

市民生活部市民課(保険係)

電話: 042-555-1111 (保険係)内線125

お問合せフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?