ページの先頭です

被災建築物応急危険度判定とは

[2010年3月1日]

地震後、余震等による建築物の倒壊や落下物、転倒物による二次災害を防止するため、できる限り早く、短時間で建築物の被災状況を調査し、当面の使用の可否について判定するものです。
判定については、「東京都地域防災計画」に基づく防災ボランティアに登録いただいている専門的な技術をもつ民間の方々にお願いしています。
また、羽村市においては毎年、防災訓練にあわせて応急危険度判定訓練を実施しています。

訓練の様子

■詳しく知りたい方は

東京都都市整備局ホームページ「東京都防災ボランティア制度に基づく被災建築物応急危険度判定制度について」をご覧ください。(別のサイトへ移ります)

お問い合わせ

都市建設部建築課

電話: 042-555-1111 (建築係)内線253 (維持管理係)内線252

お問合せフォーム