ページの先頭です

二酸化窒素(NO2)濃度のフィルターバッジ法による測定

[2013年3月15日]

主要交差点等において、年2回16地点において、NO2濃度を測定しています。

NO2は自動車から排出された一酸化窒素が空気中で酸化することによって発生し、濃度が高くなると酸性雨の原因になります。

測定方法:交差点付近に、フィルターを24時間設置し、これに付着したNO2の濃度を測定します。

フィルターバッジ法によるNO2測定結果
測定場所/測定日平成21年度平成22年度平成23年度
6月2日12月1日6月1日12月1日5月31日12月8日
小作坂下0.0270.0250.0250.0320.017 0.025
間坂0.0250.0270.0260.0340.015 0.023
小作台5‐29先0.0240.0260.0270.0310.016 0.021
羽東2‐13先0.0190.0220.020.0270.013 0.019
栄町1‐2先0.0190.0210.0210.0240.012 0.022
富士見小西0.0210.020.020.0250.010 0.018
栄小学校入口0.0180.0220.0230.0250.016 0.022
羽村街道0.0260.0270.0250.030.014 0.022
羽村動物公園東0.0250.0250.0250.0290.014 0.022
双葉町三0.0220.0250.0240.030.013 0.023
羽加美1‐41先0.0170.0180.020.0250.010 0.019
コミュニティーセンター0.0180.020.020.0230.010 0.017
羽村大橋東詰0.0230.0240.0220.0290.015 0.022
神明台二0.0230.0240.020.0280.010 0.021
羽村動物公園西0.0220.0260.0230.0270.015 0.022
羽西3-9先0.0130.0150.0140.0220.008 0.015
平 均 値0.0210.0230.0220.0280.0130.021
環境基準:1時間値の1日平均値が0.04ppmから0.06ppmまでのゾーン内またはそれ以下(単位ppm)

お問い合わせ

産業環境部環境保全課

電話: 042-555-1111 (環境保全係)内線224

お問合せフォーム


二酸化窒素(NO2)濃度のフィルターバッジ法による測定への別ルート