ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

羽村市

はむらってこんなまち羽村市公式PRサイト

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    令和元年(平成31年)市長提出議案

    • [2019年12月23日]
    • ID:11997
  • 議案(認定、修正動議以外のすべての議案) 
  • 認定(一般会計や特別会計の決算の議案)
  • 修正動議(提出された議案の原案に対して、議員から提起された内容の修正)
  • 議案

    第5回定例会
    番号件名要旨結果
    第63号羽村市下水道事業に地方公営企業法の規定の全部を適用することに伴う関係条例の整備に関する条例下水道事業が地方公営企業法の全部適用となるため、関係条例の一部を改正する。
    【主な内容】
    関係条例の一部改正(水道事業管理者及び下水道事業管理者の定義を「管理者の権限を行う羽村市長」と規定するなどの一部改正を行う。)
    ・羽村市職員定数条例
    ・羽村市給水条例
    ・羽村市特別会計条例
    ・羽村市水道事業の設置等に関する条例
    ・羽村市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例
    ・羽村市下水道条例
    ・羽村市組織条例
    ・羽村市行政手続条例
    ・羽村市個人情報保護条例
    ・羽村市情報公開条例
    ・羽村市行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例
    【施行日】令和2年4月1日
    12月19日
    原案可決 
    第64号羽村市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例災害救助法が適用される災害による被害を受けた世帯に対して貸付けを行う災害援護資金について、貸付けを受けた者が置かれている状況等に鑑み、償還金の支払い猶予、償還免除の対象範囲の拡大、償還免除の特例に関して、災害弔慰金の支給等に関する法律の一部を改正する法律及び災害弔慰金の支給等に関する法律施行令及び東日本大震災に対処するための特別の財政援助及び助成に関する法律の厚生労働省関係規定の施行等に関する政令の一部を改正する政令が施行されたことから、条例の一部を改正する。
    【施行日】公布の日
    12月6日
    原案可決 
    第65号羽村市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準の一部を改正する内閣府令の施行に伴い、条例の一部を改正する。
    【主な内容】
    (1)幼児教育・保育の無償化の実施に伴う所要の改正
    ①認可保育園等を利用する場合に必要となる「教育・保育給付 認定」に加え、新たに、幼稚園等を利用する場合に必要となる 「子育てのための施設等利用給付認定」が創設されることに伴う改正
    ②無償化前は保育料に含まれていた副食費について、無償化後は利用者の実費負担となることから、施設が直接徴収することを可能とするための改正
    ③その他、条項の整理
    (2)特定地域型保育事業について、連携施設の確保義務の要件を緩和するための改正
    【施行日】公布の日
    12月6日
    原案可決 
    第66号羽村市敬老金の支給に関する条例の一部を改正する条例敬老金について、事業を取り巻く環境の変化等に伴い、支給要件、支給額等の見直しを行うため、条例の一部を改正する。
    【主な内容】
    ・第2条(支給要件)
    支給要件の基準日を9月1日現在に改めるとともに、支給対象者を当該年度内に次のいずれかの要件を満たす者に改める。
     ・満88歳に達する者
     ・満100歳に達する者
     ・満101歳以上の者
    ・第3条(支給額)
    支給額を、満88歳に達する者については20,000円、満100歳に達する者及び満101歳以上の者については50,000円に改める。
    ・第4条(支給期日)
    見出しを支給期限とし、支給期限を9月15日までとする。
    【施行日】 令和2年4月1日
    12月6日
    原案可決 
    第67号羽村市下水道事業の設置等に関する条例下水道事業を地方公営企業法の全部適用とするため条例を制定する必要がある。
    【主な内容】
    第1条(趣旨)、第2条(下水道事業の設置等)、第3条(経営の基本)、第4条(事務所)、第5条(組織)、第6条(重要な資産の取得及び処分)、第7条(議会の同意を要する賠償責任の免除)、第8条(議会の議決を要する負担付きの寄付の受領等)、第9条(業務状況説明書類の提出)について必要な事項を定める。
    【施行日】令和2年4月1日
    12月19日
    原案可決
    第68号令和元年度羽村市一般会計補正予算(第4号)歳入歳出それぞれ2億360万円を増額し、補正後の予算額を歳入歳出それぞれ230億9,100万円とする。12月19日
    原案可決 
    第69号福生病院組合規約の変更について福生病院組合の病院事業に地方公営企業法の全部を適用することに伴い、福生病院組合規約を変更する。
    【主な内容】
    ・福生病院組合→福生病院企業団、組合議員→企業団議員
    ・公営企業法の全部を適用する旨を規定
    ・管理者および副管理者の規定を削除
    ・企業長の規定を新設
    ・運営協議会の規定を新設
    【施行日】令和2年4月1日
    12月6日
    原案可決 
    第70号固定資産評価審査委員会委員の選任について固定資産評価審査委員会委員の任期満了に伴い、秋山法氏を委員に選任したいので、議会の同意を求める。
    【任期】 令和元年12月20日~令和4年12月19日
    12月6日
    原案同意 
    第71号令和元年度羽村市一般会計補正予算(第5号)歳入歳出それぞれ440万円を増額し、補正後の予算額を歳入歳出それぞれ230億9,540万円とする。12月19日
    原案可決
    第72号羽村市動物公園の指定管理者の指定について羽村市動物公園に係る指定管理者を指定する。
    【指定管理者の名称】
    株式会社横浜八景島
    【指定の期間】
    令和2年4月1日から令和6年3月31日まで
    12月19日
    原案可決
    第73号羽村市スイミングセンターの指定管理者の指定について羽村市スイミングセンターに係る指定管理者を指定する。
    【指定管理者の名称】
    大和興産株式会社・特定非営利活動法人羽村市体育協会 
    【指定の期間】
    令和2年4月1日から令和6年3月31日まで
    12月19日
    原案可決
    第4回定例会
    番号件名要旨結果
    第43号成年被後見人等の権利の制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例成年被後見人等の権利の制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律の施行に伴い、関係条例の一部を改正する。
    【関係条例】
     ・羽村市表彰条例
     ・福生都市計画事業羽村駅西口土地区画整理事業施行規程
     ・羽村市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例
    【施行日】公布の日
    9月10日
    原案可決
    第44号地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律等の施行に伴う関係条例の整備に関する条例地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律等の施行に伴い、会計年度任用職員制度の導入等に対応するため、関係条例の規定を整備する。
    【関係条例】
     ・職員の分限に関する手続及び効果に関する条例
     ・職員の懲戒の手続及び効果に関する条例
     ・職員の給与に関する条例
     ・羽村市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例
     ・羽村市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例
     ・羽村市職員の育児休業等に関する条例
     ・羽村市職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例
     ・外国の地方公共団体の機関等に派遣される職員の処遇等に関する条例
    【施行日】令和2年4月1日(一部は令和元年12月14日)
    9月27日
    原案可決
    第45号羽村市税賦課徴収条例の一部を改正する条例地方税法等の一部を改正する法律の施行に伴い、羽村市税賦課徴収条例(以下、「条例」という。)の一部を改正する。
    【主な内容】
    (1) 個人住民税関係の法改正に伴う規定の整備
    (2) 軽自動車税関係の法改正に伴う規定の整備
    (3) その他法改正に伴う規定の整備(項ずれ等)及び元号表記の変更
    【施行日】令和元年10月1日
     ただし、第1条の条例第35条の2中第8項を第9項とし、第7項を第8項とし、第6項を第7項とし、第5項の次に1項を加える改正規定並びに第35条の3の2、第35条の3の3及び第35条の4第1項並びに付則第2条の規定については、令和2年1月1日
    第2条の条例第24条の改正規定及び付則第3条の規定については、令和3年1月1日
    第2条(第2条の条例第24条の改正規定を除く。)及び付則第5条の規定については、令和3年4月1日
     
    9月10日
    原案可決
    第46号羽村市難病患者福祉手当条例の一部を改正する条例難病患者福祉手当について、制度を取り巻く環境の変化や他制度との整合性の観点等から、支給要件の見直しを行うため、条例の一部を改正する。 
    【主な内容】 
     難病患者が次の支給要件に該当するときは、手当の支給を行わないことを新たに設ける。
    (1)所得制限
    (2)併給制限
    (3)施設入所者制限
    (4)生活保護受給者等
    【施行日】令和2年4月1日
    9月10日
    原案可決
    第47号羽村市富士見霊園条例の一部を改正する条例遠方の郷里等にある墓地から富士見霊園の合葬式墓地(合葬室)への改葬を可能とすることで、市民サービスの向上及び市民の定住促進を図るため、条例の一部を改正する。
    【主な内容】
    富士見霊園以外の墓地から富士見霊園の合葬式墓地(合葬室)への改葬を可能とする。その際、受け入れは、公募の時期に拘わらず通年とする。
    なお、合葬式墓地(合葬室)の埋蔵可能数が500体以下になったときは、富士見霊園以外の墓地からの改葬はできないものとする。
    【施行日】令和元年10月1日
    9月10日
    原案可決
    第48号羽村市印鑑条例の一部を改正する条例住民基本台帳法施行令等の一部を改正する政令が平成31年4月17日に公布され、令和元年11月5日から住民票や個人番号カードに旧氏を併記することができるようになったことから、印鑑登録証明書においても、旧氏を併記することができるよう、条例の一部を改正する。
    【施行日】令和元年11月5日
    9月10日
    原案可決
    第49号羽村市給水条例の一部を改正する条例水道法の一部を改正する法律及び水道法の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備及び経過措置に関する政令の施行に伴い、条例の一部を改正する。
    【主な内容】
    (1) 指定給水装置工事事業者の指定の更新制度が新設されることに伴い、申し込み時の手数料規定を追加する。
    (2) 水道法の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備及び経過措置に関する政令の施行に伴い、水道法施行令第4条以下の条が繰り下がることから水道法施行令第5条を引用している第34条の一部を改正する。
    【施行日】  令和元年10月1日
    9月10日
    原案可決
    第50号羽村市会計年度任用職員の報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴い、会計年度任用職員制度を導入するため条例を制定する。
    【施行日】令和2年4月1日
    9月27日
    原案可決
    第51号アメリカ合衆国軍隊の構成員等の所有する軽自動車等に対する軽自動車税の種別割の賦課徴収の特例に関する条例横田基地のアメリカ合衆国軍隊の構成員等が所有する軽自動車等の使用の本拠の位置が羽村市内となった場合、軽自動車税(種別割)の課税対象となりうることから、アメリカ合衆国軍隊の構成員等が私用で所有する軽自動車等に対する課税環境を整えておく必要がある。
    【施行日】令和元年10月1日     
    9月27日
    原案可決
    第52号令和元年度羽村市一般会計補正予算(第3号)歳入歳出それぞれ4億8,680万円を増額し、補正後の予算額を歳入歳出それぞれ228億8,740万円とする。9月10日
    原案可決
    第53号令和元年度羽村市国民健康保険事業会計補正予算(第2号)歳入歳出それぞれ 1億5,729万1千円を増額し、補正後の予算額を歳入歳出それぞれ60億3,897万5千円とする。9月10日
    原案可決
    第54号令和元年度羽村市後期高齢者医療会計補正予算(第1号)歳入歳出それぞれ 3,092万2千円を増額し、補正後の予算額を歳入歳出それぞれ12億7,702万2千円とする。9月10日
    原案可決
    第55号令和元年度羽村市介護保険事業会計補正予算(第2号)歳入歳出それぞれ 7,806万2千円を増額し、補正後の予算額を歳入歳出それぞれ 38億968万5千円とする。9月10日
    原案可決
    第56号令和元年度羽村市福生都市計画事業羽村駅西口土地区画整理事業会計補正予算(第2号)歳入歳出それぞれ 8,121万円を増額し、補正後の予算額を歳入歳出それぞれ10億1,320万2千円とする。9月10日
    原案可決
    第57号令和元年度羽村市下水道事業会計補正予算(第2号)歳入歳出それぞれ3,677万4千円を増額し、補正後の予算額を歳入歳出それぞれ13億1,592万円とする。
    9月10日
    原案可決
    第58号令和元年度羽村市水道事業会計補正予算(第2号)【収益的収入及び支出】
    (支出)108万4千円を増額し、補正後の予算額を9億5,977万8千円とする。
    【議会の議決を経なければ流用することのできない経費】
    (職員給与費)108万4千円を増額し、補正後の予算額を1億656万5千円とする。
    9月10日
    原案可決
    第59号平成30年度羽村市水道事業会計未処分利益剰余金の処分について 地方公営企業法第32条第2項の規定に基づき、議会の議決により利益剰余金を処分する。
    【内容】
     平成30年度羽村市水道事業会計未処分利益剰余金5億1,546万8,077円のうち2億6,797万6,712円を減債積立金に積み立て、2億4,749万1,365円を資本金に組み入れる。
    9月10日
    原案可決
    第60号市道路線の認定及び廃止について宅地開発事業により設置された道路を市道路線として新たに認定する。
     また、一般交通の用に供されておらず、現地においても道路機能を有していない市道路線を財産処理に伴い廃止する。
    【主な内容】
    認定する路線
    羽村市栄町二丁目7番地52先から7番地70先の路線 「市道第1065号線」
    廃止する路線
    羽村市羽西二丁目1529番地先の路線 「市道第5016号線」
    9月10日
    原案可決
    第61号固定資産評価審査委員会委員の選任について固定資産評価審査委員会委員の任期満了に伴い、岡田丈尋氏を委員に選任したいので、議会の同意を求める。
    【任期】  令和元年10月15日~令和4年10月14日
    9月10日
    原案同意
    第62号教育委員会委員の任命について教育委員会委員の任期満了に伴い、羽村 章氏を委員に任命したいので、議会の同意を求める。
    【任期】 令和元年10月1日~令和5年9月30日
    9月10日
    原案同意
    諮問
    第1号
    人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについて人権擁護委員の任期満了に伴い、塩田真紀子氏を委員の候補者として推薦したいので、議会の意見を求める。
    【任期】 令和2年1月1日~令和4年12月31日
    9月10日
    異議ない旨
    答申
    諮問
    第2号
    人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについて人権擁護委員の任期満了に伴い、藤巻小百合氏を委員の候補者として推薦したいので、議会の意見を求める。
    【任期】令和2年1月1日~令和4年12月31日   
       
    9月10日
    異議ない旨
    答申
    諮問
    第3号
    人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについて人権擁護委員の任期満了に伴い、鈴木將史氏を委員の候補者として推薦したいので、議会の意見を求める。
    【任期】 令和2年1月1日~令和4年12月31日
    9月10日
    異議ない旨
    答申
    第3回定例会
    番号件名要旨結果
    第35号羽村市介護保険条例の一部を改正する条例介護保険法施行令及び介護保険の国庫負担金の算定等に関する政令の一部を改正する政令の施行に伴い、低所得者の第1号保険料の軽減賦課を拡大して行うため、条例の一部を改正する。
    【主な内容】
    (1)第1段階における令和元年度から令和2年度までの保険料率の特例を、25,920円から21,600円に改める。
    (2) 第2段階における令和元年度から令和2年度までの保険料率を31,700円とする特例を設ける。
    (3) 第3段階における令和元年度から令和2年度までの保険料率を38,900円とする特例を設ける。
    【施行日】
    公布の日
    6月17日
    原案可決
    第36号令和元年度羽村市一般会計補正予算(第2号)歳入歳出それぞれ3,120万円を増額し、補正後の予算額を歳入歳出それぞれ224億60万円とする。6月28日
    原案可決
    第37号令和元年度羽村市国民健康保険事業会計補正予算(第1号)歳入歳出それぞれ221万6千円を減額し、補正後の予算額を歳入歳出それぞれ58億8,168万4千円とする。6月28日
    原案可決
    第38号令和元年度羽村市介護保険事業会計補正予算(第1号)歳入歳出それぞれ337万7千円を減額し、補正後の予算額を歳入歳出それぞれ37億3,162万3千円とする。6月28日
    原案可決
    第39号令和元年度羽村市福生都市計画事業羽村駅西口土地区画整理事業会計補正予算(第1号)歳入歳出それぞれ49万2千円を増額し、補正後の予算額を歳入歳出それぞれ9億3,199万2千円とする。6月28日
    原案可決
    第40号令和元年度羽村市下水道事業会計補正予算歳入歳出それぞれ65万4千円を減額し、補正後の予算額を歳入歳出それぞれ1,2億7,914万6千円とする。6月28日
    原案可決
    第41号令和元年度羽村市水道事業会計補正予算(第1号)【収益的収入及び支出】
    (支出) 548万7千円を増額し、予算額を9億5,869万4千円とする。
    【資本的収入及び支出】
    (支出)2万7千円を減額し、予算額を6億8,518万4千円とする。
    【議会の議決を経なければ流用することのできない経費】
    (職員給与費)546万円を増額し、1億548万1千円とする。
    6月28日
    原案可決
    第42号市道路線の廃止について一般交通の用に供されておらず、現地においても道路機能を有していない市道路線を財産処理に伴い廃止する。
    【主な内容】
    ・羽村市大字五ノ神字武蔵野356番地先の路線「市道第2133号線」
    ・羽村市大字五ノ神字武蔵野355番地先から356番地先の路線「市道第2134号線」
    6月17日
    原案可決
    第2回臨時会
    番号件名要旨結果
    第27号専決処分の承認を求めることについて
    〔羽村市税賦課徴収条例等の一部を改正する条例・平成31年3月29日専決〕
    地方税法等の一部を改正する法律の施行に伴い、条例の一部を改正する必要が生じ専決処分したため承認を求める。
    【主な内容】
    (1)個人住民税関係の法改正
    (2)軽自動車税関係の法改正
    (3)固定資産税関係の法改正
    (4)その他法改正に伴う規定の整備
    5月14日
    承認 
    第28号専決処分の承認を求めることについて
    〔羽村市都市計画税条例の一部を改正する条例・平成31年3月29日専決〕
    地方税法等の一部を改正する法律の施行に伴い、条例の一部を改正する必要が生じ専決処分したため承認を求める。
    【主な内容】
    法改正に伴う規定の整備
    5月14日
    承認 
    第29号専決処分の承認を求めることについて
    〔羽村市国民健康保険税条例の一部を改正する条例・平成31年3月29日専決〕
    地方税法施行令等の一部を改正する政令の施行に伴い、条例を改正する必要が生じ専決処分したため承認を求める。
    【主な内容】
    (1)国民健康保険税の課税限度額の見直し
    (2)低所得者に係る保険税軽減措置の拡充
    5月14日
    承認 
    第30号羽村市税賦課徴収条例の一部を改正する条例地方税法等の一部を改正する法律の施行に伴い、条例の一部を改正する。
    【主な内容】
    (1)個人住民税関係の法改正
    (2)その他法改正に伴う規定の整備
    【施行日】
    令和元年6月1日
    5月14日
    原案可決 
    第31号羽村市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律の施行により、災害弔慰金の支給等に関する法律の一部が改正されたことに伴い、条例の一部を改正する。
    【主な内容】
    (1)保証人を不要とし、貸付利率を1%とする規定の整備
    (2)災害援護資金の償還方法に半年賦償還及び月賦償還を追加
    【施行日】
    公布の日
    5月14日
    原案可決 
    第32号羽村市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準の一部を改正する省令の施行に伴い、条例の一部を改正する。
    【主な内容】
    (1)家庭的保育事業者等による卒園後の受け皿に係る連携施設の確保に関する要件を緩和するための項の追加
    (2)利用定員が20人以上である満3歳以上の児童を受け入れている保育所型事業所内保育事業については、連携施設の確保をしないことを可能とするための項の追加
    (3)付則で規定している家庭的保育事業者等の連携施設の確保に係る経過措置について、5年間延長するための項の追加
    【施行日】
     公布の日
    5月14日
    原案可決 
    第33号令和元年度羽村市一般会計補正予算(第1号)歳入歳出それぞれ 7240万円を増額し、補正後の予算額を、歳入歳出それぞれ223億6940万円とする。5月14日
    原案可決 
    第34号監査委員の選任について監査委員に石居尚郎氏を選任することに議会の同意を求める。5月14日
    原案同意
    第1回定例会
    番号件名要旨結果
    第1号平成31年度羽村市一般会計予算歳入歳出予算総額  222億9700万円3月19日
    原案可決
    第2号平成31年度羽村市国民健康保険事業会計予算歳入歳出予算総額  58億8390万円3月19日
    原案可決
    第3号平成31年度羽村市後期高齢者医療会計予算歳入歳出予算総額   12億4610万円3月19日
    原案可決
    第4号平成31年度羽村市介護保険事業会計予算歳入歳出予算総額  37億3500万円3月19日
    原案可決
    第5号平成31年度羽村市福生都市計画事業羽村駅西口土地区画整理事業会計予算歳入歳出予算総額  9億3150万円3月19日
    原案可決
    第6号平成31年度羽村市下水道事業会計予算歳入歳出予算総額  12億7980万円3月19日
    原案可決
    第7号平成31年度羽村市水道事業会計予算収入支出予算総額
    【収益的収入及び支出】収入 11億3751万4千円/支出 9億5320万7千円
    【資本的収入及び支出】収入 1億6661万1千円/支出 6億8521万1千円
    3月19日
    原案可決
    第8号職員の給与に関する条例の一部を改正する条例勤勉手当の年間支給月数を4.5月から4.6月に引き上げるとともに初任給の改定、行政職給料表の改定、地域手当の改定など給与制度の一部を改定するため条例の一部を改正する。 
    【施行日】平成31年4月1日
    3月5日
    原案可決
    第9号羽村市長等の給料等に関する条例の一部を改正する条例市長、副市長及び教育長の給料についての減額措置を平成32年3月31日まで延長するため条例の一部を改正する。
    【施行日】公布の日
    3月5日
    原案可決
    第10号羽村市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例学校保健安全法の規定に基づき委嘱している学校医及び学校薬剤師の報酬単価を見直すため、条例の一部を改正する。
    【施行日】公布の日
    3月5日
    原案可決
    第11号羽村市印鑑条例の一部を改正する条例平成31年9月30日をもって自動交付機を廃止することに伴い、条例の一部を改正する。
    【施行日】平成31年10月1日
    3月5日
    原案可決
    第12号羽村市給水条例及び羽村市下水道条例の一部を改正する条例消費税率等が改正されることに伴い、水道料金及び下水道使用料の算定方法を変更するため、条例の一部を改正する。
    【施行日】平成31年10月1日
    3月5日
    原案可決
    第13号羽村市児童育成手当条例等の一部を改正する条例所得税法等の一部を改正する等の法律の施行に伴い、関係する条例の一部を改正する。
    【施行日】公布の日
    3月5日
    原案可決
    第14号学校教育法の一部改正に伴う関係条例の整理に関する条例学校教育法の一部を改正する法律の施行に伴い、関係する条例の一部を改正する。
    【施行日】平成31年4月1日
    3月5日
    原案可決
    第15号羽村市火葬費等の助成に関する条例を廃止する条例羽村市民が死亡または死児を出産した場合の霊柩車の使用及び火葬に要する経費の助成について、健康保険において葬祭費の補助があることから条例を廃止する。
    【施行日】平成31年10月1日
    3月5日
    原案可決
    第16号羽村市住宅資金融資条例を廃止する条例羽村市住宅資金融資制度を廃止するため、条例を廃止する。
    【施行日】平成31年4月1日
    3月5日
    原案可決
    第17号羽村市森林環境譲与税基金条例森林環境税(仮称)及び森林環境譲与税(仮称)の創設に伴い、森林環境譲与税基金を設置する必要があることから条例を制定する。
    【施行日】平成31年4月1日
    3月19日
    原案可決
    第18号平成30年度羽村市一般会計補正予算(第4号)歳入歳出それぞれ 7,080万円を減額し、補正後の予算額を、歳入歳出それぞれ231億1230万円とする。3月5日
    原案可決
    第19号平成30年度羽村市国民健康保険事業会計補正予算(第3号)歳入歳出それぞれ 2559万9千円を増額し、補正後の予算額を、歳入歳出それぞれ 63億1573万9千円とする。3月5日
    原案可決
    第20号平成30年度羽村市後期高齢者医療会計補正予算(第2号)歳入歳出それぞれ 2194万4千円を増額し、補正後の予算額を、歳入歳出それぞれ 12億4435万6千円とする。3月5日
    原案可決
    第21号平成30年度羽村市介護保険事業会計補正予算(第4号)歳入歳出それぞれ 514万7千円を増額し、補正後の予算額を、歳入歳出それぞれ 36億9250万円とする。3月5日
    原案可決
    第22号平成30年度羽村市福生都市計画事業羽村駅西口土地区画整理事業会計補正予算(第4号)歳入歳出それぞれ 20万1千円を増額し、補正後の予算額を歳入歳出それぞれ 12億4034万7千円とする。3月5日
    原案可決
    第23号平成30年度羽村市下水道事業会計補正予算(第3号)歳入歳出それぞれ7967万2千円を減額し、補正後の予算額を、歳入歳出それぞれ 12億4034万7千円とする。 3月5日
    原案可決
    第24号平成30年度羽村市水道事業会計補正予算(第3号)【主要な建設改良事業】
    (配水管整備)1180万円を減額し、予算額を 2億1565万8千円 とする。
    (施設整備)500万円を減額し、予算額を1億3562万1千円 とする。
    【収益的収入及び支出】
    (収入)165万7千円を増額し、予算額を11億3342万8千円とする。
    (支出)803万1千円を増額し、予算額を 8億5172万6千円とする。
    【資本的収入及び支出】
    (収入)966万6千円を減額し、予算額を 1億2733万5千円とする。
    (支出)2045万円9千円を減額し、予算額を 7億2638万8千円とする。
    3月5日
    原案可決
    第25号人権擁護委員候補者の推薦について任期満了に伴い、次の者を委員の候補者として推薦するために、議会の意見を求める。
    氏名 木村 兼江
    任期 平成31年7月1日~平成34年6月30日
    3月5日
    原案同意
    第26号平成30年度羽村市一般会計補正予算(第5号)歳入歳出それぞれ 610万円を増額し、補正後の予算額を、歳入歳出それぞれ231億1840万円とする。3月5日
    原案可決

    認定

    平成30年度決算審査
    番号件名要旨結果
    第1号平成30年度羽村市一般会計歳入歳出決算の認定について・歳入合計(収入済額)23,131,152,210円
    ・歳出合計(支出済額)22,641,727,076円
    ・歳入歳出差引残額 489,425,134円
    9月27日
    認定
    第2号平成30年度羽村市国民健康保険事業会計歳入歳出決算の認定について・歳入合計(収入済額)6,314,264,450円
    ・歳出合計(支出済額)6,156,971,483円
    ・歳入歳出差引残額 157,292,967円
    9月27日
    認定
    第3号平成30年度羽村市後期高齢者医療会計歳入歳出決算の認定について・歳入合計(収入済額)1,247,894,405円
    ・歳出合計(支出済額)1,219,656,255円
    ・歳入歳出差引残額  28,238,150円
    9月27日
    認定
    第4号平成30年度羽村市介護保険事業会計歳入歳出決算の認定について・歳入合計(収入済額)3,605,158,820円
    ・歳出合計(支出済額)3,528,169,401円
    ・歳入歳出差引残額 76,989,419円
    9月27日
    認定
    第5号平成30年度羽村市福生都市計画事業羽村駅西口土地区画整理事業会計歳入歳出決算の認定について・歳入合計(収入済額)1,215,256,044円
    ・歳出合計(支出済額)1,134,044,445円
    ・歳入歳出差引残額 81,211,599円
    9月27日
    認定
    第6号平成30年度羽村市下水道事業会計歳入歳出決算の認定について・歳入合計(収入済額)1,241,402,480円
    ・歳出合計(支出済額)1,204,627,262円
    ・歳入歳出差引残額 36,775,218円
    9月27日
    認定
    第7号平成30年度羽村市水道事業会計決算の認定について 【収益的収入及び支出(税込み)】
    ・水道事業収益  1,127,299,586円
    ・水道事業費用 832,725,129円
    ・差引 294,574,457円
    ⇒当年度純利益(税抜き)267,976,712円

    【資本的収入及び支出(税込み)】
    ・資本的収入 126,706,295円
    ・資本的支出 719,081,664円
    ・差引 -592,375,369円
    9月27日
    認定

    修正動議

    平成31年度羽村市一般会計予算に対する修正動議
    件名要旨提出者・賛成者結果
    議案第1号平成31年度羽村市一般会計予算に対する修正動議平成31年度の羽村市の事業を市民の要望に沿ったものにするために、市長原案を修正する。
    【予算総額】
    市長原案 222億9700万円
    修正案219億1565万円
    【主な修正】
    歳入
    都補助金18億484万9000円→17億6884万9000円
    基金繰入金18億1738万5000円→14億7203万5000円(-3億8135万円)
    歳出
    都市計画費15億3160万6000円→11億5025万6000円(-3億8135万円)
    【提出者】
    鈴木拓也
        
    【賛成者】
    浜中 順
    山崎陽一
    門間淑子
    3月19日
    否決

    お問い合わせ

    羽村市役所議会事務局(議会事務局)

    電話: 042-555-1111 (庶務係)内線412 (議事係)内線413

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム