ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

羽村市

はむらってこんなまち羽村市公式PRサイト

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    ふっさ・はむら多文化共生事業協議会の取組み

    • [2021年4月12日]
    • ID:14755

    ふっさ・はむら多文化共生事業協議会の設置

    羽村市と福生市では、令和2年度から「ふっさ・はむら多文化共生事業協議会」を設置し、「福生・羽村多文化共生事業」に取り組んでいます。市境が接しており、市民等の往来が多い2市が連携して多文化共生に取り組むことで、課題の把握や共有、課題解決に向けた事業の検討・実施を行っています。


    ふっさ・はむら多文化共生事業協議会とは

    【構成市】羽村市・福生市

    【設置日】令和2年4月1日から

    【経緯】羽村市と福生市は、市境が接していることから市民等の往来が多く、また、外国人比率も他市と比較して高くなっており、日本人と外国人の共生への対応が両市ともに課題となっています。そこで、両市で連携して域内に住む外国人と日本人の共生に関する課題等を把握・共有し、課題の解決に向けた事業を検討し、実施することを目的として、令和2年度より、「ふっさ・はむら多文化共生事業協議会」を設置しました。


    ふっさ・はむら多文化共生事業協議会の取組み内容(令和2年度)

    福生市・羽村市多文化共生実態調査

    地域で共に暮らす日本人・外国人の現状、さまざまな国籍の人々が同じ地域で生活することで生じる課題を把握し、これからの多文化共生の施策の推進に向けた基礎資料を得ることを目的として実施しました。


    調査概要

    【調査地域】福生市・羽村市全域

    【調査対象】住民基本台帳から無作為に抽出した、20歳以上の日本人住民2,000人(福生市1,000人、羽村市1,000人)および外国人住民1,500人(福生市1,000人、羽村市500人)

    【調査方法】郵送配布・郵送回収

    【調査期間】令和2年10月8日(木曜日)から10月31日(土曜日)まで

    【調査内容】

    (1)日本人住民向け

    • 調査回答者の属性
    • 暮らしの実感
    • 日常生活
    • 多文化共生のまちづくり

    (2)外国人住民向け

    • 調査回答者の属性
    • 日本での暮らし
    • 日常生活でのトラブル
    • ことば
    • 多言語化の対応について
    • 新型コロナウイルス感染症や災害時・緊急時の対応
    • 必要な情報・サービスについて
    • 多文化共生のまちづくり

    福生市・羽村市多文化共生実態調査報告書

    Adobe Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

    多文化共生講座

    羽村市開催

    【講座名】誰にとっても“やさしい”コミュニケーション「やさしい日本語」講座

    【日時】令和3年2月13日(土曜日)午後1時30分から午後3時30分まで

    【場 所】羽村市産業福祉センターiホール(羽村市緑ヶ丘2-11-1)

    【講師】庵 功雄氏(一橋大学国際教育交流センター教授)

    【参加者】29人

    【内容】外国人と日本社会、外国人の社会保障や税金等の問題などにも触れながら、「やさしい日本語」の生まれた経緯や考え方、理念などについて、さまざまな視点からご講演いただきました。

    【満足度】「とても良かった」37.9%、「良かった」55.2%、「普通」6.9%

    【参加者からの声(一部抜粋)】

    • 「やさしい日本語」がなぜ必要なのかが良く分かった。
    • 言葉やコミュニケーションというものを改めて考えるきっかけになった。
    • 外国人の方の対応は、外国語の知識があまりない分、苦手意識が強かったが、講座を受講して、思いやりを持ち、わかりやすい日本語で表現することも多文化共生につながることを学べたので実践していきたいと思う。

    講座の会場風景写真

    福生市開催

    令和3年1月23日(土曜日)に福生市もくせい会館で実施予定だった、多文化共生講座「“多文化共生”ってなんだろう?」は、新型コロナウイルス感染症対策のため、動画配信の形式に変更して実施しました。

    【講座名】「“多文化共生”ってなんだろう?」

    【講師】ピッチフォード理恵氏(NPO法人青少年自立援助センター YSCグローバル・スクール)

    【内容(一部抜粋)】

    • 多文化共生社会とは
    • 国際交流と多文化共生について
    • やさしい日本語について
    • 多文化共生の地域づくりに必要なこと

    ※福生市公式YouTubeチャンネル「福生市メディアラボ」にて、全6本の動画が公開されました。

    ※現在は、公開終了しています。


    問合せ

    ふっさ・はむら多文化共生事業協議会事務局

    【羽村市】羽村市地域振興課市民活動センター係

    電話 042-555-1111(内線632)

    【福生市】福生市企画調整課企画調整担当

    電話 042-551-1528