ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

羽村市

はむらってこんなまち羽村市公式PRサイト

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    【開催延期】第36回女と男、ともに織りなすフォーラムinはむら「自分たちらしい夫婦・家族のカタチ」

    • 初版公開日:[2021年11月12日]
    • 更新日:[2022年1月20日]
    • ID:15852

    【開催延期】自分たちらしい夫婦・家族のカタチ - 自分たちらしい暮らし方・働き方を考えよう —

    令和4年1月23日(日曜日)に開催を予定していた第36回「女と男、ともに織りなすフォーラムinはむら」は、新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、開催を延期いたします。

    延期後の日程は、決まり次第ご案内いたします。


    男女共同参画社会の実現を目指して、男女一人ひとりが個性と能力を発揮し、自分らしくいきいきと暮らしていくためにはどうしたらよいかを参加者とともに考える、第36回「女と男、ともに織りなすフォーラムinはむら」を開催します。

    夫が外で働き、妻が家で家事・育児をするといった性別による固定的な役割分担意識が、いまだに根強く残っており、男女共同参画社会の実現に大きな障害となっています。共働き家庭が7割を超える今、男女ともにそれぞれが仕事や地域で活躍しながら、家事や育児、介護など家庭での責任や役割をともに担うことが必要です。

    一つひとつの夫婦や家族に、それぞれの暮らし方・遊び方・働き方があり、フォーラムをきっかけに、自分たちらしい夫婦・家族のカタチを考え、実現していくことを目指します。

    開催概要

    (延期前日程)

    令和4年1月23日(日曜日)

    内容

    • キースピーチ 「私たち夫婦の暮らし方・働き方」
      起業家である妻と、自らも働き妻を支える夫。一つの夫婦の暮らし方、働き方、コロナ禍による変化などをお話しします。

    キースピーカー 越智 茜氏(瀬戸株式会社 代表取締役)、越智 吉洋氏(システムエンジニア)

    • ワールドカフェ 「自分たちらしい夫婦・家族のカタチ」

    ファシリテーター 小山則夫氏(Social unit UDON)

    参加費

    無料

    一時保育

    対象:1歳6ヶ月から未就学児

    定員:8人

    手話通訳あります

    お問い合わせ

    羽村市総務部総務課

    電話: 042-555-1111 (総務係)内線332 (法制係)内線326

    ファックス: 042-554-2921

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム