ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

羽村市

はむらってこんなまち羽村市公式PRサイト

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    令和4年度第2回羽村市社会教育委員の会議会議録

    • 初版公開日:[2022年06月23日]
    • 更新日:[2022年10月14日]
    • ID:16881

    日時

    令和4年5月18日(水曜日) 午後7時02分から午後8時15分

    会場

    生涯学習センターゆとろぎ2階 会議室

    出席者

    議長 川津紘順、副議長 江上真一、委員 小山夏樹、市野明、本田文栄、石川千寿、中野菊枝、浦野雅文、田中希美子、荻原稔

    欠席者 

    なし

    議題

    1.あいさつ

    2.協議事項

    (1)令和3年度社会教育関係団体補助金の実績報告について【資料1】

    3.報告事項

    (1)6月の社会教育関係事業について【資料2】

    (2)令和4年度社会教育関係団体補助金交付の実施について【資料3】

    4.その他

    (1)令和4年度第1回社会教育委員の会議会議録について

    (2)今後の会議等の日程について

    傍聴者

    なし

    配布資料

    ・令和4年度第2回羽村市社会教育委員の会議次第

    ・【資料1】令和3年度羽村市社会教育関係団体補助金の実績報告

    ・【資料2】6月の社会教育関係事業について

    ・【資料3】令和4年度社会教育関係団体補助金交付の実施について

    会議の内容

    (生涯学習推進課長) ただいまから令和4年度第2回羽村市社会教育委員の会議を開催する。

    本日の傍聴者はなし。次第に沿って会議を進める。

    1. あいさつ

    (議長) こんばんは。先日の都市社連協の総会はお疲れさまでした。委員の皆さんから、いろいろな意見を言っていただき、ありがとうございました。また、表彰された3人の委員におかれましては、おめでとうございました。

    2. 協議事項

    (1)令和3年度社会教育関係団体補助金の実績報告について

    (事務局) <資料1-2により説明>

    (議長) 事務局から社会教育関係団体補助金実績報告のうち、青少年団体と成人団体について報告があった。

    何かご意見、ご質問等あるか。

    (委員) 「日本語ボランティア翼の会・夜の部」の活動について、補助対象経費の決算額が予算額より少ないということで6,000円の返還金が生じているが、補助金は先に交付して後から返還するという解釈でよろしいか。

    (事務局) そのとおり。

    (委員) 「はむらプレーパークの会」について、補助対象経費の決算額が予算額より少ないが、補助金額には影響ないという解釈でよろしいか。

    (事務局) そのとおり。

    (委員) 「日本語ボランティア翼の会・夜の部」の活動について、オンライン通信費などが補助対象外経費となっているが、最近のこのコロナ禍の状況でオンラインなどを利用し、工夫して活動している中で、対象外経費であることは仕方ないが、事務局としてはいかがか。

    (事務局) 新しい状況の中で、活動を止めるのでなく、新しいやり方を探して活動している団体について、事務局としても支援していく立場であり、今後、検討していく余地はあると考える。

    (委員) 青少年団体が少ないが、昨年度からコロナ禍の中で、申請などの状況はいかがか。

    (事務局) 現在、令和4年度の補助金の申請を受け付けているが、特に増えているとは聞いていない。

    (委員) 令和3年度の予算額も実績額も減っていて、令和4年度は、活動を含めて活発になることを希望したい。

    (議長) 青少年団体と成人団体について他にあるか。

    (各委員) 特になし。

    (議長) それでは次に、羽村市文化協会補助金について、事務局から報告をお願いする。

    なお、当該団体に関係する委員については、意見聴取が終了するまでの間、退席を求める。

    <委員 退席>

    (事務局) <資料1-3により説明>

    (議長) 事務局から説明があった。何かご意見、ご質問等あるか。

    (委員) 補助対象経費の決算額が、補助金額を上回っていることで補助金額は満額としているという解釈でよろしいか。

    (事務局) そのとおり。

    (委員) 収入と支出の残高が28万円ほどあるが、事務局としてはいかがか。

    (事務局) 市の文化の振興に必要な経費として補助金を交付決定し、実績報告の内容を確認したうえで補助金を確定しているため問題はない。ただし、次年度以降も繰越金が増えていく状況であれば、相談していきたい。

    (議長) 文化協会について他にあるか。

    (各委員) 特になし。

    (議長) それでは委員の入場を求める。

    (議長) 次に、羽村市立小・中学校PTA連合会活動費補助金について、事務局から報告をお願いする。

    なお、当該団体に関係する委員については、意見聴取が終了するまでの間、退席を求める。

    <委員 退席>

    (事務局) <資料1-4により説明>

    (議長) 事務局から説明があった。何かご意見、ご質問等あるか。

    (委員) 補助対象経費の決算額が、補助金額を下回って、差額を返したうえで、この収支残高という解釈でよろしいか。

    (事務局) この決算報告を受け収支を確認し、返還を求めているので、この決算書は返還前のものである。

    (委員) 最近のこのコロナ禍のような状況で活動が少なくなる中、補助金額より繰越金額が大きくなることがある。そのような状況でも市として支援の継続をお願いしたい。

    (議長) 羽村市立小・中学校PTA連合会活動費補助金について他にあるか。

    (各委員) 特になし。

    (議長) それでは委員の入場を求める。
    2協議事項(1)令和3年度社会教育関係団体補助金の実績報告については、以上とする。

    3. 報告事項

    (1)6月の社会教育関係事業について

    (事務局) <資料2により説明>

    (議長) 6月の社会教育関係事業について他にあるか。

    (委員) 6月11日に田植えを行うが、担当課は。

    (委員) これまでは児童青少年課だったが、今年度から学校教育課となっている。5年生が土曜日の授業の中で行う予定。

    (委員) 生涯学習の観点から、今後はこの報告の中に学校教育の部署の関係事業も入れていただきたい。

    (事務局) 承知した。

    (議長) 他にあるか。

    (各委員) 特になし。

    (議長)6月の社会教育関係事業については、以上とする。

    (2)令和4年度社会教育関係団体補助金交付の実施について

    (事務局) <資料3により説明>

    (議長) 令和4年度社会教育関係団体補助金交付の実施について何かあるか。

    (各委員) 特になし。

    (議長) それでは報告事項(2)令和4年度社会教育関係団体補助金交付の実施については、以上とする。

    4. その他

    (1)令和4年度第1回社会教育委員の会議会議録について

    (議長) 何かご意見、修正等あるか。

    (各委員) 特になし。

    (議長) それでは、その他(1)令和4年度第1回社会教育委員の会議会議録については、以上とする。

    (2)今後の会議等の日程について

    (事務局) <説明>

    (議長) 何かご質問等あるか。

    (各委員) 特になし。

    (議長) 第3回の会議は、6月22日(水曜日)午後7時から、会場はゆとろぎ会議室とする。以上で会議を終了する。

    それでは、副議長に終わりのあいさつをお願いする。

    (副議長) <副議長あいさつ>

    (議長) お疲れさまでした。