ページの先頭です

施設サービスを利用したい

[2019年10月1日]

要介護認定(要介護1~5)の通知を受けた後、介護保険施設に直接申し込み、契約をします。

※要支援の方は施設サービスは利用できません。

施設サービスを利用する手順

介護保険施設に連絡します

介護保険施設には、介護老人福祉施設・介護老人保健施設・介護療養型医療施設・介護医療院があります。
その中から入所したい施設を選び、直接申し込み、契約をします。

サービス事業者情報を知りたい場合には、とうきょう福祉ナビゲーションのページをご覧ください。(別のサイトに移ります)

また、完成予定の都内老人福祉施設の公表については、東京都のホームページをご覧ください。(別のサイトに移ります)

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

生活介護が中心の施設

つねに介護が必要で、自宅では介護ができない方が対象の施設です。
食事、入浴、排せつなど日常生活の介護や健康管理を受けられます。

※入所できるのは原則として要介護3以上の方となります。ただし、やむを得ない事情がある場合は 要介護1、2の方も入所が可能です。

介護老人保健施設

介護やリハビリが中心の施設

病状が安定し、リハビリに重点をおいた介護が必要な方が対象の施設です。
医学的な管理のもとでの介護や看護、リハビリを受けられます。

介護療養型医療施設(令和6年3月末廃止予定)

医療が中心の施設

急性期の治療が終わり、病状は安定しているものの、長期間にわたり療養が必要な方が対象の施設です。
介護体制の整った医療施設(病院)で、医療や看護などを受けられます。

介護医療院

主に長期にわたり療養が必要な方が対象の施設です。医療と介護(日常生活上の世話)が一体的に受けられます。

ケアプランを作成します

ケアプランは入所した施設で作成されます。

サービスの利用が始まります

施設での介護サービスが始まります。

  • ケアプランにそって介護サービスを利用します。
  • 利用したサービス費の1割、2割または3割を支払います。

施設サービスを利用したとき

施設サービスを利用したときは、施設サービス費の1割、2割または3割に加え、居住費・食費・日常生活費が自己負担となります。

施設サービス費の1割、2割または3割+居住費+食費+日常生活費(理美容代など)=自己負担

居住費・食費について

居住費・食費は、施設と利用者との契約により決められますが、施設の平均的な費用を基に、水準額が定められています。
居住費・食費の水準額(日額)※令和元年10月1日から
 施設の種類

従来型

個室 

 多床室

ユニット型

個室 

ユニット型

個室的多床室

食費 

 介護老人福祉施設

1,171円

 855円

 2,006円1,668円 1,392円

 介護老人保健施設

介護療養型医療施設

 1,668円

 377円 2,006円1,668円  1,392円

所得が低い方は、居住費と食費の負担が軽くなります(特定入所者介護サービス費)

所得が低い方に対しては、所得に応じた自己負担額の限度額が設けられており、これを超える利用者負担はありません。

超えた分は特定入所者介護サービス費として、介護保険から給付されます。

給付を受けるときには申請が必要です。

居住費・食費の自己負担限度額(日額)
 区分

従来型

個室 

 多床室

ユニット型

個室 

ユニット型

個室的多床室

 食費

・生活保護受給者の方など

・老齢福祉年金受給者で、世帯全員が市区町村民税非課税の方

 490円

(320円)

 0円

 820円 490円300円

世帯全員が市区町村民税非課税で、

前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円以下の方など

 490円

(420円)

 370円 820円 490円390円
世帯全員が市区町村民税非課税で、上記に該当しない方

 1,310円

(820円)

 370円 1,310円1,310円 650円
※従来型個室の( )内の金額は、介護老人福祉施設に入所した場合または短期入所生活介護を利用した場合の額です。

お問い合わせ

福祉健康部高齢福祉介護課

電話: 042-555-1111 (高齢福祉係)内線175 (介護予防・地域支援係)内線195 (介護保険係)内線142 (介護認定係)内線145

お問合せフォーム


施設サービスを利用したいへの別ルート