ページの先頭です

子どもが生まれたとき(出産育児一時金)

[2018年12月21日]

■出産育児一時金

被保険者の方が出産したときに支給される出産育児一時金は、原則42万円(産科医療補償制度(※1)未加入の分娩機関での出産の場合は40万4千円)です。妊娠85日以上であれば、死産や流産でも支給されます。この場合は医師の証明が必要です。
なお、他の健康保険に1年以上加入していて、資格を喪失してから半年以内の出産については前に加入していた健康保険から支給される場合があります。この場合は国民健康保険からは支給されません。

※ 出産した日の翌日から起算して2年を経過すると支給されません。

※1 産科医療補償制度とは通常の分娩で脳性麻痺になった子どもに対し、補償金が支払われる制度です。

出産育児一時金は病院などへ直接支払います(直接支払制度)

病院などから請求される出産費用は、医療保険者(国民健康保険の場合は羽村市)から病院などに出産育児一時金を直接支払うことになるため、事前に多額の現金などを準備する必要がなくなります。

1. 出産費用が42万円(産科医療補償制度未加入の分娩機関での出産の場合は40万4千円)を超える場合は、ご自身でその超えた金額を病院などにお支払いください。(国保への申請は必要ありません。)

2. 出産費用が42万円(産科医療補償制度未加入の分娩機関での出産の場合は40万4千円)未満であった場合は、申請することで差額が支給されます。

 ■申請に必要なもの

  ・病院などに出産育児一時金を直接支払うことに同意した書類

  ・出産費用明細書

  ・領収書

  ・出産した方の保険証

  ・印鑑

  ・世帯主の振込口座

直接支払制度を利用しない場合

出産費用を病院などに全額支払ったあと、申請することで世帯主に支給されます。

 ■申請に必要なもの

  ・病院などに出産育児一時金を直接支払わないことに同意した書類

  ・出産費用明細書

  ・領収書

  ・出産した方の保険証

  ・印鑑

  ・世帯主の振込口座

直接支払制度が利用できない場合は受取代理制度があります

医療機関等と被保険者等との合意に基づき、医療機関等が被保険者等に代わって、羽村市から出産育児一時金の受け取りを行います。

国民健康保険出産育児一時金支給申請書兼請求書

国民健康保険出産育児一時金支給申請書兼請求書

手続きは同一世帯の方が行います

国民健康保険の各種手続きは、同一世帯の方が行うこととなっています。別世帯の方が来られるときは、委任状が必要です。

委任状(国民健康保険制度用)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

また、平成28年1月から個人番号利用開始に伴い、窓口・郵送での手続きに、世帯主と申請が必要な方(対象者)の個人番号を確認できる書類が必要になりました。

詳しくは、【国民健康保険】個人番号利用開始に伴う、窓口・郵送での必要書類について(平成28年1月から)をご覧ください。

お問い合わせ

羽村市 市民生活部 市民課(保険係)
電話: 042-555-1111 (保険係)内線125~129
E-mail: s203000@city.hamura.tokyo.jp