ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

羽村市

はむらってこんなまち羽村市公式PRサイト

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    平成16年度市職員の給与等の状況

    • [2010年3月1日]
    • ID:276

    羽村市職員などの給与は、地方公務員法に基づいた給与制度に沿い、都および多摩地区の25市の状況等を考慮して定めており、そのデータは毎年定期的に公表しています。
    ここでは、平成15年度の支給状況と、平成16年4月1日現在の職員給与などを公表します。

    ◆職員の構成

    平成16年4月1日現在の数値です。

    職員構成内訳
    職種一般行政職福祉職技能労務職税務職企業職その他
    計392人275人37人28人24人16人12人

    ◆一般行政職等級別職員数

    平成16年4月1日現在の数値です。

    一般行政職等級別職員数
    等級1級
    (主事)
    2級
    (主事)
    3級
    (主事)
    4級
    (主任職)
    5級
    (係長職)
    6級
    (課長補佐職)
    7級
    (課長職)
    8級
    (統括課長職)
    9級
    (部長職)
    計275人0人4人90人51人54人22人33人8人13人

    ◆人件費の状況

    人件費の状況(平成15年度普通会計決算)
    区分住民基本
    台帳人口
    歳出額(A)人件費(B)人件費比率
    (B/A)
    平成15年度55,437人18,587,934千円3,571,657千円19.2%
    平成14年度55,034人18,649,635千円3,547,315千円19.0%

    *人件費には、一般職員、特別職等の給料、報酬、社会保険料等が含まれています。(人口は各年度末日現在)

     

    ◆職員給与費の状況

    職員給与費の状況(平成16年度普通会計予算)
    職員数
    (A)
    給与費1人当たりの給与費
    (B/A)
    給料職員手当期末・
    勤勉手当
    計(B)
    345人1,430,678千円399,879千円642,318千円2,472,875千円7,168千円

    *平成16年度当初予算による一般職員に支給される給料、期末・勤勉手当および職員手当(退職手当を除く)の額です。

     

    ◆経験年数別・学歴別平均給料月額の状況

    平成16年4月1日現在の数値です。
    経験年数別・学歴別平均給料月額の状況
    区分経験年数10年経験年数15年経験年数20年
    一般行政職大学卒281,400円338,900円391,100円
    高校卒229,400円281,300円335,700円

    *経験年数・・・卒業後直ちに採用され、引き続き勤務している場合は採用後の在職年数とし、中途採用者の場合は採用以前の前歴などを換算したものです。

     

    ◆平均給料月額・平均給与月額・平均年齢の状況

    平成16年4月1日現在の数値です。

     

    平均給料月額・平均給与月額・平均年齢の状況
    区分一般行政職技能労務職
    平均給料月額平均給与月額平均年齢平均給料月額平均給与月額平均年齢
    羽村市353,500円431,200円41歳1か月323,400円398,900円46歳8か月
    東京都361,177円471,896円43歳4か月335,407円432,302円47歳0か月

    ◆退職手当の状況

    平成16年4月1日現在の数値です。

    退職手当の状況
    区分羽村市東京都
    自己都合定年等自己都合定年等自己都合定年等
    支給率勤続20年24.25月36.50月24.25月36.50月21.00月27.30月
    勤続25年32.50月47.75月32.50月47.75月33.75月42.12月
    勤続35年49.75月60.95月49.75月60.95月47.50月59.28月
    最高限度59.20月60.95月59.20月60.95月59.28月59.28月
    加算措置定年前早期退職特例措置
    (2~20%加算)
    定年前早期退職特例措置
    (2~20%加算)
    消防職員加算
    定年前早期退職特例措置
    (2~20%加算)
    退職時の特別昇給1号給(整理退職等)1号棒(整理退職等)

     *平成15年度中に退職した職員1人当たり平均支給額

    • 自己都合退職・・・459万円(平均勤続年数11年9月)
    • 定年等退職・・・3,098万円(平均勤続年数34年9月)

     

    ◆特別職の報酬等の状況

    平成16年4月1日現在の数値です。
    特別職の報酬等の状況
    区分給料・報酬の月額
    (平成7年7月1日改正)
    期末手当
    (平成15年度支給割合)
    市長885,000円給料6月期2.05月分

    12月期2.05月分

    3月期0.30月分

    計4.40月分
    助役765,000円給料
    収入役715,000円給料
    議長520,000円報酬
    副議長450,000円報酬
    委員長440,000円報酬
    議員430,000円報酬

    *特別職の報酬は、学識経験者などで構成される「羽村市特別職報酬等審議会」の答申に基づき条例で定められています。

     

    ◆昇給期間短縮の状況

    昇給期間短縮の状況
    区分合計内容
    一般行政職福祉職税務職企業職技能労務職その他
    15年度職員数405人281人39人24人17人31人13人
    普通昇給期間を短縮して昇給した職員数168人123人4人15人9人14人3人
    比率41.5%43.8%10.3%62.5%52.9%45.2%23.1%
    14年度職員数409人285人40人24人17人31人12人
    普通昇給期間を短縮して昇給した職員数125人106人4人5人2人7人1人
    比率30.6%37.2%10.0%20.8%11.8%22.6%8.3%

    *昇給期間短縮・・・普通昇給期間(通常12月)を短縮して昇給させる措置のこと。特別昇給(特に勤務成績が良好な場合など)による 短縮、昇任時の特別昇給による短縮(昇給改善)などがあります。

     

    ◆職員手当ての状況

    職員手当ての状況
    区分支給内容羽村市東京都
    期末手当・勤勉手当期末手当勤勉手当期末手当勤勉手当期末手当勤勉手当
    6月期1.45月分0.60月分1.60月分0.45月分1.40月分0.70月分
    12月期1.50月分0.55月分1.65月分0.45月分1.60月分0.70月分
    3月期0.30月分0.25月分 -
    3.25月分1.15月分3.50月分0.90月分3.00月分1.40月分
    加算措置職務上の段階、
    職務の等級による
    加算措置有り
    職務上の段階、
    職務の等級による
    加算措置有り
    職務上の段階、
    職務の等級による
    加算措置有り
    扶養手当配偶者15,500円13,500円
    配偶者以外の
    扶養親族2人まで
    各6,000円
    その他の扶養親族各4,000円各5,000円
    16~22歳の子がいる場合の加算各4,000円各5,000円
    住宅手当自己所有住宅9,000円扶養親族のある場合9,000円
    扶養親族のない場合8,500円
    2,500円
    賃貸住宅支給限度額27,000円
    通勤手当交通機関利用者定期券相当額
    (6月分一括支給)
    支給限度額
    55,000円
    (6月分一括支給)
    支給限度額55,000円
    交通用具使用者
    (車等)
    通勤距離に応じて支給
    (以下は羽村市の状況)
    調整手当支給対象地域・・・全地域
    支給対象職員数・・・392人
    支給率・・・12%(国の制度では12%~0%)
    時間外勤務手当支給総額・・・77,786千円
    職員1人当たり支給年額・・・236千円(平成15年支給実績)
    特殊勤務
    手当
    職員全体に占める手当支給職員の割合・・・(69人)20.9%
    支給対象職員1人当たり平均支給年額・・・13,373円(平成15年支給実績)
    手当の種類・・・7種類
    支給額の多い手当・・・福祉事務手当
    支給対象職員の多い手当・・・滞納整理手当

    ◆初任給の状況

    平成16年4月1日現在の数値です。
    初任給の状況
    区分羽村市東京都国一種国ニ種都26市平均民間
    大学卒179,800円179,800円179,800円170,700円179,300円201,200円
    高校卒144,000円144,000円138,800円145,300円158,600円

    *一般行政職の学歴別初任給を、国、地方公共団体、民間と比較しました。民間の初任給については、東京都人事委員会が行った平成16年職種別民間給与実態調査(企業規模1000人以上)による新卒事務員の初任給を参考としたものです。