ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

羽村市

はむらってこんなまち羽村市公式PRサイト

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    利害関係人等による住民票の写し・戸籍全部(個人)事項証明書等の請求について

    • [2019年12月17日]
    • ID:2678

    利害関係人等による住民票の写し・戸籍全部(個人)事項証明書等の請求【第三者請求】

    ・本人、同一世帯員及び委任された方を除く第三者の方が、住民票の写し等を請求する場合

    ・本人及び委任された方を除く第三者の方が、除住民票の写しを請求する場合

    ・戸籍に記載されている本人、その配偶者、直系卑属以外の方が、戸籍全部(個人)事項証明書等を請求する場合

    このような場合には、以下の書類の提示等が必要です。

    ●窓口でのご請求時

    1.本人確認書類の提示

    窓口に来られた方の本人確認のできるもの。

    例:運転免許証・パスポート・マイナンバーカードなど1点、または、健康保険証・年金手帳など1点と、本人名義のキャッシュカード・本人の診察券・社員証など1点の以上2点

    2.代表者資格証明書の提示(請求者が法人の場合)

    法人の実存性を確認できるもの。

    例:代表者事項証明書、現在事項一部証明書、登記事項証明書等

    3.権限確認書類の提示(請求者が法人で、社員の方が窓口に来れられる場合)

    窓口に来られた方と請求者の関係のわかるもの。

    例:社員証、代表者からの委任状(代表者印)、在籍(在職)証明書等

    4.関連資料の提示

    請求者と請求する住民票の写し・戸籍全部(個人)事項証明書等の対象者との関係のわかるもので、請求が正当なものであることを示すもの。

    例:契約書の写し、申込書の写し等

    5.請求書の記入

    ・申請書に「具体的な使用目的」を必ず記入してください。

    ・代表者印、または法人の印の押印が必要です。(請求者が法人の場合)

    ●郵送でのご請求時

    上記の提示書類等の写しに加え、下記のものを同封し、羽村市役所市民課受付係まで郵送してください。


    6.所在地(証明書の返送先)確認書類(請求者が法人の場合)

    法人の営業所または事務所の所在地を確認できる書類。

    例:社員証、パンフレット、事業所一覧、登記事項証明書等

    ※上記の確認が得られない場合には、住民票等の写しの交付をお断りする場合もあります。

    7.手数料

    郵便局で扱っている「定額小為替(無記名のもの)」でお送りください。

     手数料は郵送請求による証明申請の手数料一覧でご確認ください。

    8.返信用封筒

    法人の場合は、法人名及び担当者名・所在地を記入してください。それ以外は、住所・氏名を記入してください。

    速達を希望される場合は、速達料金をプラスして切手を貼ってください。

    9.送付先

    〒205-8601(住所は不要) 

    羽村市役所 市民課 受付係


     郵送請求による証明申請窓口での証明申請・閲覧のページも参考にしてください。