ページの先頭です

飼い主のいない猫(ノラ猫)に困っていませんか

[2015年10月16日]

飼い主のいない猫(ノラ猫)に困っている方へ~市役所へ相談してください!~

市内に生息する飼い主のいない猫は、増えている状況です。

この原因の一つには、無責任な飼い主が飼養する義務を放棄して、河原や公園などに捨ててしまうことがあります。

猫を捨てることは法律で禁止されています。

【動物の愛護及び管理に関する法律第44条第3項】

愛護動物を遺棄した者は、百万円以下の罰金に処する。

 

飼い主のいない猫は、生息環境の違いから、きちんと飼養されている猫に比べ、寿命が短く、健康状態も良好でない場合があります。

市では、飼い主のいない猫に対して、市内で活動するボランティアの方に協力していただきながら、動物愛護と環境対策の観点から取り組みを進めています。

飼い主のいない猫に困っている方は、小さなことでもかまいません。まずは相談してください。

 

飼い主のいない猫(ノラ猫)を起因とする被害など

  • 庭を荒らされる
  • 敷地内にふんや尿をされる
  • 春や秋になると鳴き声がうるさい など

飼い主のいない猫(ノラ猫)へ餌やりをしている方へ~市役所へ相談してください~

飼い主のいない猫(ノラ猫)へ餌やりをすることは、必ずしも悪いことではありません。食事をする場所が確保され、その猫の生息地域で、生ごみなどの餌を荒らさなくなる効果もあります。

しかし、近隣の方々の理解が得られなければ、せっかくの餌やりの活動も、近隣トラブルを招く原因となってしまいます。

また、餌やりの方法についても、むやみに餌を放置する方法では、衛生環境を悪化させ、周囲に迷惑をかけてしまうこともあります。

餌やりについて困っている・悩んでいることがありましたら、気軽にご相談ください。

 

飼い主のいない猫(ノラ猫)には、不妊去勢手術を行いましょう

飼い主のいない猫(ノラ猫)には、不妊去勢手術は不可欠です。性成熟する前(生後6か月頃)に、雄、雌ともに行うことが望まれます。

飼い主のいない猫の寿命は4~5年と言われています。このため、不妊去勢手術を行えば、子猫の繁殖が防げ、だんだんと数が減っていくことになります。また、手術することにより性質がおとなしくなり、行動範囲が狭くなって、発情期の鳴き声やマーキングなども抑えられます。

 

市では飼い主のいない猫の不妊・去勢手術費などを助成しています

お問い合わせ

羽村市役所 産業環境部 環境保全課
電話: 042-555-1111 (環境保全係)内線225・226

飼い主のいない猫(ノラ猫)に困っていませんかへの別ルート