ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

羽村市

はむらってこんなまち羽村市公式PRサイト

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    マイナンバーカードの健康保険証利用について

    • 初版公開日:[2021年12月02日]
    • 更新日:[2021年12月2日]
    • ID:14602

    マイナンバーカードの健康保険証利用とは

    令和3年10月20日より、一部の医療機関や薬局などで、マイナンバーカードが健康保険証として利用できる「オンライン資格確認」が開始されました。

    マイナンバーカードの健康保険証利用には、医療機関等にカードリーダーが設置されていることが必要です。令和5年3月末までには、全ての医療機関等に設置される予定です。

    マイナンバーカードの健康保険証利用に現在、対応している医療機関・薬局等については、下記リンク先の厚生労働省サイトをご参照ください。

    マイナンバーカードの保険証利用対応医療機関等一覧(別ウインドウで開く)

    (注意)健康保険への加入手続きは引き続き必要です。


    マイナンバーカードの健康保険証利用登録

    マイナンバーカードを健康保険証として利用するには、事前に登録が必要です。パソコンやスマートフォンを利用して、マイナポータルから健康保険証利用の事前登録ができます。

    マイナポータルトップページから事前登録(別ウインドウで開く)

    (注意)お使いのスマートフォンが「マイナポータルアプリ」に対応していない場合があります。


    また、市役所でも事前登録ができます。市民課保険係、市民課高齢医療・年金係でも事前登録をすることができます。マイナンバーカードの健康保険証利用登録をしたいけれども、ご自身のパソコンやスマートフォンで事前登録ができないという方は、下記の必要なものをご準備のうえ、市役所1階3番窓口(市民課保険係、市民課高齢医療・年金係)へお越しください。


    必要なもの

    • 自分のマイナンバーカード
    • あらかじめ市区町村窓口で設定した暗証番号(数字4桁)



    マイナンバーカードを保険証利用することのメリット

    • マイナンバーカードを使えば、就職や転職、引越ししても健康保険証の切り替えを待たずに、マイナンバーカードで受診できます(健康保険への加入など手続きは引き続き必要です)。
    • 医療機関に設置されたカードリーダーにかざせば、医療保険の資格確認ができ、医療機関や薬局の受付けでの事務処理がスピーディにできます。
    • 限度額適用認定証の申請をしなくても、医療機関窓口での高額療養費制度における限度額以上の支払いが不要になります(保険税を滞納している等の場合は利用できないことがあります)。
    • マイナポータル(政府が運営するオンラインサービス)でご自身の健康保険情報、特定検診情報、薬剤情報、医療費情報が閲覧できます。


    市役所でDV・虐待等被害者の支援措置を受けている方へ

    DV・虐待等被害者のマイナンバーカードを加害者やその関係者等が所持しているなどの場合は、加害者等にご自身の健康保険情報等が閲覧される可能性があります。ご自身の情報を不開示とする手続きなど詳しくは、お手持ちの健康保険証の発行元(市町村国民健康保険、国民健康保険組合、健康保険組合、後期高齢者医療制度など)へご相談ください。

     

    (注意)羽村市の住民基本台帳事務における支援措置を受けている方であっても、会社の健康保険等に加入している方は、羽村市の支援措置とは別に、健康保険証の発行元へ届出をする必要があります。

    DV・虐待等被害者で健康保険証の発行元に届出をしている場合

    以下の機能が使用できません。

    (1)オンライン資格確認の利用

    マイナンバーカードを保険証として利用できません。

    (2)マイナポータルでの健康保険情報等の確認

    ご自身の健康保険情報、特定検診情報、薬剤情報、医療費情報等がマイナポータルから閲覧できません。


    羽村市国民健康保険に加入していて、住民基本台帳事務におけるDV・虐待等被害者の支援措置を受けている方は、「オンライン資格確認の利用」「マイナポータルでの健康情報等の確認」等が制限されています。

    閲覧制限が不要となった場合

    住民基本台帳事務における支援措置を継続させつつ、オンライン資格確認の利用等の閲覧制限を解除したい場合は、健康保険証の発行元へ、閲覧制限が不要となったことを届出てください。

    羽村市で国民健康保険、東京都後期高齢者医療制度に加入している方で、住民基本台帳事務における支援措置を継続させつつ、オンライン資格確認の利用等の制限を解除する場合は、市役所1階3番窓口(市民課保険係、市民課高齢医療・年金係)に届出をおこなってください。