ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

羽村市

はむらってこんなまち羽村市公式PRサイト

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    母子家庭及び父子家庭 自立支援教育訓練給付金

    • 初版公開日:[2021年08月29日]
    • 更新日:[2021年8月29日]
    • ID:435

    ひとり親家庭の親が、就職に必要な資格や技能を取得するために、厚生労働大臣の指定する教育訓練講座を

    受講する場合、修了後に受講費用の一部を支給します。

    ●支給を受けることができる方

    市内在住で、20歳未満のお子さんを養育しているひとり親家庭の親で次の要件を満たす方

    ・児童扶養手当の支給を受けている方、または同等の所得水準にある方

    ・就職に結びつけるために当該講座が必要であると認められる方

    ・過去に教育訓練給付金を受給していない方

    ●対象講座

    厚生労働大臣の指定する教育訓練講座(別ウインドウで開く)(別のサイトに移ります)
    <例>医療事務・介護職員初任者研修(旧・ヘルパー2級)・調理師・税理士・社会保険労務士・宅地建物取引士等
    就業に結びつく可能性の高い講座

    ●支給額

    受給資格の区分に応じて、次の額となります。

    (1) 受講開始日現在において、雇用保険の教育訓練給付金の支給を受けることができない方

     受講費用の60% (12,001円から200,000円)

    (2)  受講開始日現在において、雇用保険の教育訓練給付金の支給を受けることができる方

     受講費用の60% (12,001円から200,000円)から、雇用保険の教育訓練給付金の額を差し引いた額

    ●申請の方法

    (1)事前相談

    ・母子・父子自立支援員による事前相談が必要です。受講予定の1か月前までに電話で予約してください。

    ・受講しようとする講座の内容、費用などがわかる資料、児童扶養手当証書をご持参ください。 

    (2)申請・手続き

    ・相談終了後に申請書をお渡しします。

    ・申請に必要な書類については、母子・父子自立支援員よりご説明します。

    ・受講後の申込みは受け付けません。

    ・講座の指定や支給にあたっては審査を行います。審査の結果、支給できない場合もあります。
     

    問合せ

    羽村市 子ども家庭部 子育て支援課  母子・父子自立支援員  電話:042-555-1111  内線239