ページの先頭です

世界を先駆けるCO2フリーのスマート交通システム~AZEMSプロジェクト~

[2016年2月29日]

太陽光で発電した電力で電気自動車を走らせよう!

AZEMS稼動開始しました

電気自動車用急速充電設備の一般開放を行っています!

平成27年12月7日から、市役所庁舎の屋上に太陽光発電設備を設置して、羽村市の地域特性に合ったスマート交通システム(AZEMS)の運用を開始しました。

このシステムでは、太陽光発電設備で発電した電力で、コミュニティバス「電気バスはむらん」を走らせるほか、市民の皆さんの電気自動車にも電力を無料で供給できるようになりました。ぜひ、利用してください。

AZEMS…All Zero Emission Mobile System(CO2排出量ゼロの交通システム)の頭文字を組み合わせた造語です。

 

使用方法

市役所第2駐車場に設置してある、一般電気自動車用急速充電設備を使用してください。
第2駐車場内一般電気自動車用急速充電設備の位置
ディスプレイ案内

ディスプレイに使用手順が表示されます

事業概要

市役所西庁舎および西分室の屋上に、太陽電池モジュール53.2キロワット(定格出力50キロワット)の太陽光発電設備を設置しました。

(西庁舎屋上に70枚、西分室屋上に120枚、定格最大出力280Wの太陽電池モジュールを設置)

太陽光で発電した電力で「電気バスはむらん」などの電気自動車を走らせ、余剰電力を市役所庁舎で使用します。

※太陽電池モジュールの型式変更により定格最大出力265Wから280Wになりましたが、パワーコンディショナ50KWに変更はないため、太陽光発電設備の出力は50KWです。

事業効果

  1. 太陽光で発電した電力で、「電気バスはむらん」などの電気自動車を走らせます!CO2排出ゼロの究極のエコカー!
  2. 太陽光で発電した電力を市役所庁舎で使います!火力発電などで発電した電力の使用量を減らします!
  3. 電力使用のピークカットを実現します!
  4. 災害時には、蓄電池から避難所などへ電力を供給できるようになります!

※ピークカット…電力需要が集中する時間帯の供給電力量を低く抑えること。

システムイメージ図

AZEMSイメージ図

エコちゃん・クール先生のエイゼムスQ&A

エコちゃん

Q.「オールゼロエミッション」とはなんですか?

A.ここでは、地球環境に悪影響を及ぼすもの(エミッション)、つまりCO2を「エネルギーを創る→使う」過程で排出しないことを「オールゼロエミッション」と呼んでいるんだ。

Q.どうしてCO2の排出がゼロになるんですか?

A.AZEMSでは、CO2を排出しない太陽光で発電した電力を使用しているから、「エネルギーを創る→使う」までにCO2の排出がゼロになるんだ!

Q.年間発電量はどのくらいですか?

A.1日あたり約146kwhで、年間で約53,280kwhを発電するよ。これは、一般的な家庭15世帯の約1年分の電力なんだ!(太陽電池モジュールの変更により、1日あたり約154kwh、年間約56,296kwhになりました。)

Q.電気バスはむらんで使い切れない電気はどうするんですか?

A.余った電力は、市役所の庁舎で使うんだ!電力使用のピークカットも実現できるよ!

クール先生

お問い合わせ

羽村市役所 産業環境部 環境保全課
電話: 042-555-1111 (環境保全係)内線224~226

世界を先駆けるCO2フリーのスマート交通システム~AZEMSプロジェクト~への別ルート