ページの先頭です

水道原水における有機フッ素化合物(PFOS・PFOA)の水質検査結果について

[2020年1月10日]

ペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)とペルフルオロオクタン酸(PFOA)の水質検査の結果について

羽村市では、令和元年9月に水道原水における有機フッ素化合物のペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)とペルフルオロオクタン酸(PFOA)について、水質検査を行いました。

有機フッ素化合物(PFOS・PFOA)については、各国が水道の水質に関する規制や基準を設定する上で基礎としている世界保健機関(WHO)に基準値等がなく、日本においては、目標値等の設定がありません。世界的には、一部の国で目標値等が設定されているものの、安全性に関する評価が定まっていないことから、その値は、各国で異なっています。

このことから、市では、最も厳しい値である米国の健康勧告値1リットルあたり70ナノグラム(PFOSとPFOAの合算値)を参考に、3か所の水源にあるすべての井戸で水質検査を行いました。

この結果、以下の表のとおり、すべての水道水源は、米国の健康勧告値を大きく下回ることとなりました。


 

水源の水質検査結果

採水地点

PFOS

1リットルあたりの

ナノグラム数

PFOA

1リットルあたりの

ナノグラム数

PFOS

PFOA

採水日

第1水源

0.36

1.0

1.36

令和元年9月12日

第2水源1号井

0.56

1.0

1.56

第2水源2号井

0.58

1.1

1.68

第3水源

0.56

1.3

1.86

※ナノグラム:10億分の1グラム

お問い合わせ

上下水道部(水道事務所内)上下水道設備課

電話: 042-554-2269 (工務係)

お問合せフォーム


水道原水における有機フッ素化合物(PFOS・PFOA)の水質検査結果についてへの別ルート