ページの先頭です

印鑑登録・はむら市民カード

[2016年5月9日]

市役所に印鑑を登録すると、その印鑑が本人のものであることを公的に証明することができます。
この印鑑登録をした印鑑がいわゆる「実印」で、不動産の登記・売買契約をするときなど、重要な契約や取引などをする際に、本人を表すものとして印鑑登録証明書と一緒に使われます。
市役所では、印鑑登録申請の手続については慎重に取り扱っています。

  • 現在、新たに印鑑登録をされた方には「はむら市民カード」をお渡ししています。
  • 窓口で印鑑証明書を申請する際、「印鑑登録証(カード)」または「はむら市民カード」を必ず添えてください。
  • 「はむら市民カード」以前の「印鑑登録証(カード)」もそのまま窓口でご利用になれます。
  • 「はむら市民カード」は暗証番号を登録することにより交付機で住民票、印鑑登録証明書、戸籍証明書【全部事項証明(戸籍謄本)・個人事項証明(戸籍抄本)】をお取りいただくことができる磁気カードです。(身分証明書にはなりません。)交付機について
  • 印鑑登録をしない方で「はむら市民カード」をご利用になる方は、住民票と戸籍証明書【全部事項証明(戸籍謄本)・個人事項証明(戸籍抄本)】が交付機でお取りいただけます。
  • 住民票、印鑑登録証明書、戸籍証明書を交付機で取得するには、それぞれの暗証番号の登録が必要です。現在、「はむら市民カード」」に住民票や印鑑登録証明書の暗証番号を登録している方でも、戸籍証明書の暗証番号を登録していないと交付機で戸籍証明書を取得することはできません。
  • 「はむら市民カード」に戸籍証明の暗証番号を登録できる方は、羽村市に住民登録があり、本籍が羽村市の方に限ります(新たな戸籍の届出後、処理が終了するまでは、戸籍証明書の取得はできませんのでご了承ください。)登録の手続きは、本人のみ可能で「はむら市民カード」と「運転免許証などの本人確認書類」が必要です。
  • 窓口受付時間
     平日8時30分~午後5時00分、土・日8時30分~11時45分、13時00分~午後5時00分
  • 交付機利用時間
    ・ 1階市民課(まどうけ交付機)
     平日8時30分~午後5時00分、土・日8時30分~11時45分、13時00分~午後5時00分
    ・ 地下1階警備員室前(自動交付機)
     平日、土・日・祝8時30分~午後9時00分

※12月29日~翌年1月3日は交付機の利用ができません。

※まどうけ交付機は、申請をはむら市民カードにより交付機で行い、証明書の受取りと手数料の支払いは窓口で行うものです。

1.印鑑登録できる方

  • 羽村市に住民登録がある方
  • ※次の方は、登録できません。
    • 15歳未満の方
    • 成年被後見人

2.登録できない印鑑

羽村市印鑑条例により登録できない印鑑があります。

  • 住民基本台帳に記録されている氏名、通称、片仮名(非漢字圏の外国人が住民票の備考欄に記録されている場合)の文字で表していないもの
  • 職業、資格その他氏名以外の事項を表しているもの
  • ゴム印その他の印鑑で変形しやすいもの
  • 印影の大きさが一辺の長さ8ミリメートルの正方形に収まるもの、または一辺の長さ25ミリメートルの正方形に収まらないもの
  • 印影が不鮮明なものまたは文字の判読が困難なもの
これらの他にも登録できない印鑑があります。詳しくは問い合わせください。

3.印鑑登録・「はむら市民カード」の申請手続き

※本人確認ができる書類について、詳しくは問い合わせください。本人確認について

  • 「印鑑登録証(カード)」から「はむら市民カード」への交換
    • 上記のご本人が来庁された場合の本人確認方法にならい確認のうえ、「はむら市民カード」へ交換し暗証番号の登録が出来ます。
    • 代理人による暗証番号登録・変更の申請は出来ません。
  • 代理人申請の場合の委任状の委任事項
    • 印鑑登録の申請 ⇒ 印鑑登録申請
    • 印鑑登録証交換 ⇒ 印鑑登録証交換申請

委任状の書き方 ※委任状に押す印は登録する印鑑を押してください。 

 

4.印鑑登録証明書をとるには

  • 「印鑑登録証(カード)」または「はむら市民カード」(印鑑を登録してあるもの)をお持ちください。
  • 登録印は必要ありません。
  • 代理人の場合でも委任状は必要ありませんが、印鑑登録証明書交付申請書の記載内容【印鑑登録者の住所(アパート・マンション名及び部屋番号含む)、氏名、生年月日】に誤りがあると証明書を交付できません。

窓口で「印鑑登録証(カード)」または「はむら市民カード」の提示がないときは、登録印鑑・運転免許証等の身分証明書を持参されても、印鑑登録証明書の交付は出来ません。

5.印鑑登録に関する諸手続き

次の事由に該当するきは、市民課窓口にお届けください。

  • 代理人が行うときは、委任状が必要になります。
  • 再登録は、新規登録扱いになりますので、改めてご本人確認等の手続きが必要になります。なお、再登録手数料(200円)がかかります。

 

手続き一覧
No.事由手続
1「印鑑登録証(カード)」・「はむら市民カード」をなくしたとき事故防止のため忘失届を出してください。登録を抹消します。再登録する場合は新規に登録する扱いになります。
2登録した印鑑をなくしたとき、登録を廃止したいとき「印鑑登録証(カード)」・「はむら市民カード」を持って廃止届を出してください。
3登録してある印鑑を変えたいとき「印鑑登録証(カード)」・「はむら市民カード」を持って廃止届を出し、改めて印鑑登録の手続きをしてください。
4羽村市外に住所を移したとき転出届により自動的に登録が廃止されます。
5戸籍の届出で氏や名前が変わったとき印と同一でなくなる場合は、自動的に登録が廃止されます。
6羽村市内で住所を移したとき転居届により自動的に住所が変更されます。
7本籍地が羽村市以外になったとき戸籍証明の暗証番号は廃止になります。
8本籍地が再び羽村市に戻ったとき過去に戸籍証明の暗証番号を登録していた場合でも、本籍地が羽村市でなくなった時点で暗証番号は廃止となります。本籍地が羽村市に戻った場合は、改めて、暗証番号の登録が必要となります。
  • 代理人申請の場合の委任状の委任事項
     忘失届   「 印鑑登録証(カード)」・「はむら市民カード」の忘失届出
     廃止届   「 印鑑登録証(カード)」・「はむら市民カード」の廃止申請

印鑑登録証・「はむら市民カード」廃止・引替交付申請(亡失届出)書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

6.ご注意

  • 「印鑑登録証(カード)」・「はむら市民カード」は、身分証明書にはなりません。
  • 「印鑑登録証(カード)」・「はむら市民カード」は、他人に貸与または譲渡することは出来ません。
  • 「印鑑登録証(カード)」・「はむら市民カード」を折り曲げたり、磁気に近づけたりしないでください。
  • 「印鑑登録証(カード)」・「はむら市民カード」を紛失したり、盗難にあったときは、直ちに届出をしてください。
  • 「割れてしまった」または「劣化してしまった」カードは、捨てないでください。無料で交換します。
  • 暗証番号は、自ら自動交付機を利用して各種証明書を受け取るためのものです。登録された暗証番号は、他人に知られないようにご注意ください。
  • 暗証番号の照会・回答は一切できません。

◇この他にもさまざまな手続き方法がありますので詳しくは問い合わせてください。

お問い合わせ

市民生活部市民課(受付係)

電話: 042-555-1111 (受付係)内線122

お問合せフォーム