ページの先頭です

ロタ予防接種

[2020年10月1日]

ロタ予防接種について

・令和2年10月1日から、ロタ予防接種が定期予防接種になりました。

・ロタ予防接種は、ロタウイルス感染による重症胃腸炎の感染防止・重症化予防を目的とした予防接種です。ワクチンを接種することにより、ロタウイルス胃腸炎による入院患者を約70~90%減らすことができたと報告されています。

対象者

令和2年8月1日以降に生まれたお子さん

接種回数等

ワクチンにより接種回数が異なりますが、効果や安全性に差はありません。

接種回数等
ワクチン名ロタリックス(1価)ロタテック(5価)
接種時期生後6週~24週(168日)まで生後6週~32週(224日)まで
接種方法経口接種(生ワクチン)
接種回数2回3回
接種間隔1回目は生後6週以後
2回目は、1回目終了後4週間以上の
間隔をあけて接種
1回目は生後6週以後
2回目、3回目は、1回目、2回目終了後
4週間以上の間隔をあけて接種
※ロタリックス(1価)は、ヒトロタウイルスワクチンを弱毒化したワクチンです。
※ロタテック(5価)は、ウシロタウイルスにヒトロタウイルス抗原を5つ組み入れたワクチンです。

注意事項

※安全性の観点から、初回接種は14週6日(生後3か月半すぎ)までに受けてください。
※令和2年10月1日以前に任意接種したものについては、定期接種したものとみなして、以降の接種を行います。
※原則として、同一のワクチンを接種します。どちらのワクチンを接種するか、医師と相談の上、受けてください。

費用

対象年齢内、規定間隔内は無料です。

持ち物

母子健康手帳・予診票・健康保険証

ロタウイルスワクチン接種後にみられる副反応【腸重積症】について

腸重積症とは、腸が腸に入り込み、閉塞状態になることです。0歳児の場合、ロタウイルスワクチンを接種しなくても起こる病気で、もともと、3~4か月齢ぐらいから月齢が上がるにつれて多くなります。
腸重積症は、手術が必要になることもありますが、発症後早く治療すれば、ほとんどの場合手術をせずに治療できます。以下のような症状が一つでも現れたら、腸重積症が疑われます。

■泣いたり不機嫌になったりを繰り返す
■嘔吐を繰り返す
■ぐったりして顔色が悪くなる
■血便が出る

このような症状に気づいたら、すみやかに接種した医療機関を受診してください。接種した医療機関とは別の医療機関を受診する場合は、ロタワクチンを接種したことを医師に伝えてください。

接種場所

市内指定医療機関へ予約の上、受診してください。

市内指定医療機関一覧表
医療機関名住所電話番号
わかくさ医院羽村市小作台二丁目7番地16042-579-0311
松田医院羽村市小作台五丁目8番地8042-554-0358
小作駅前クリニック羽村市小作台五丁目9番地10042-578-0161
栄町診療所羽村市栄町一丁目14番地46042-555-8233
ばば子どもクリニック羽村市五ノ神352番地22042-555-3788
小﨑クリニック羽村市富士見平一丁目18番地羽村団地24-1042-554-0188
横田クリニック羽村市羽東一丁目8番1号042-554-8580
松原内科医院羽村市羽東一丁目16番3号042-554-2427
羽村相互診療所羽村市神明台一丁目30番地5042-554-5420

お問い合わせ

子ども家庭部子育て相談課

電話: 042-555-1111 (母子保健・相談係)内線692  (子ども家庭支援センター係)内線266

お問合せフォーム


ロタ予防接種への別ルート