ページの先頭です

羽村市環境基本条例

[2010年3月1日]

目次

第1章 総則(第1条-第6条)
第2章 環境の保全等の基本的施策(第7条-第14条)
第3章 市、市民および事業者の協働(第15条-第18条)
第4章 工場等の設置に関する協議等(第19条-第20条)
第5章 羽村市環境審議会(第21条)
第6章 雑則(第22条)
付則

 

私たちのまち羽村は、羽村堰や玉川上水をはじめとする歴史的、文化的遺産を先人から受け継ぎ、多摩川や武蔵野の面影を残す雑木林などの水と緑に恵まれた環境の中で美しいまちとして発展してきた。
一方、今日この発展を支えてきた経済活動や物質的に便利で豊かになった生活は大量の資源やエネルギーを消費するとともに、大気汚染や自然の減少などの身近な生活環境への影響をはじめ、地球温暖化やオゾン層破壊など地球環境にも少なからず影響を及ぼしている。
私たちは、このことを十分に認識し、健康で文化的な生活を営むうえで必要とされる良好な環境を確保するとともに、その環境を将来の世代に引継いでいかなければならない。
このため、私たちはともに力を合わせ、地球環境問題への早急な対応を図るとともに、人と自然との共生を目指し、緑を守り育て、水や空気や土壌を汚さず、環境負荷の少ない持続的発展が可能なまちを実現しなければならない。
このような認識に立って、この条例を制定する。

お問い合わせ

産業環境部環境保全課

電話: 042-555-1111 (環境保全係)内線224

お問合せフォーム