ページの先頭です

第4回第七次羽村市コミュニティバスはむらん運営推進懇談会会議録

[2021年4月5日]

第4回第七次羽村市コミュニティバスはむらん運営推進懇談会会議録

日時

令和3年2月26日(金曜日) 書面開催

出席者(敬称略)

山川仁、勝家省司、池田恒雄、遠藤勉、北島保、安達健吾、新井昭生、根岸徹、田辺みどり、早野和則、原昭子、貝塚循子、並木功眞、中村修二

配布資料

【資料1】令和2年度運行実績報告

書面開催による質疑応答の内容

(1)令和2年度のはむらんの運行について

①コロナ禍においてはむらんの利用者が大幅に減少しており、他の公共交通機関も減便等の対応を行っていることから、運行ダイヤや運行便数の見直しを行うべきではないか。

⇒ 乗降客数調査等を引き続き行い、減便やダイヤ改正を行った際の影響や費用対効果について調査をしていきます。

②利用者が安心・安全に公共交通機関を利用できるよう、消毒液や飛沫パネルを設置するなどの対策を徹底して行ってほしい。

⇒ はむらんでは、乗客の皆さんが安全・安心して利用していただけるよう、車内の飛沫感染対策や消毒を徹底して行っております。


(2)はむらん中央コースのディーゼルバスでの運行について

①今後、電気バスの運行再開はあるか?

⇒ 当面の間、中央コースはディーゼルバスでの代車による運行となりますが、電気バスの再開に向け、検討を進めていきます。

(3)運行ダイヤやルートについて

①羽村駅東口への到着が遅れるため、小作駅西口の出発時刻を毎時28分から25分にしたらどうか。

②中央コースの乗客が少ないように思えるため、中央コースを途中から新奥多摩街道を走るルートにしたらどうか。

⇒ ルートや運行時刻の改正については、今後も引き続き検討していきます。

(4)その他

①羽村駅東口では必ず停車するという決まりはないのか。

⇒ 出発時間が過ぎており、降車する方や乗車する方がいない場合、他のバス停同様、羽村駅東口でも停車しない場合があります。

②バス停に屋根やベンチを設置したらどうか。

⇒ 屋根やベンチについては、歩行者の支障にならない場所に設置することが義務付けられていることから、設置できるバス停が限られています。設置するための費用も掛かることから、屋根やベンチの設置については、引き続き予算等の調整を行っていきます。


【資料1】令和2年度運行実績

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

都市建設部都市計画課

電話: 042-555-1111 (都市計画係)内線287 (住宅・交通係)内線276

お問合せフォーム