ページの先頭です

認知症について

[2015年3月30日]

認知症について

 認知症は、いろいろな原因で脳の細胞が損傷を受けたり、働きが悪くなることで、記憶力や判断力が低下し、日常生活に支障が生じる脳の病気です。

 認知症は誰でもかかる可能性のある病気で、高齢化が進むにつれて、認知症になる方も増えています。そこで、認知症について正しい知識を持つことがとても大切です。

認知症チェックリスト

「ひょっとして認知症かな?」と気になったら、「自分でできる認知症の気づきチェックリスト」をやってみましょう。

東京都が「知って安心 認知症」というパンフレットを作成しました。チェックリストの他、認知症についてのさまざまな情報が載っています。

チェックリストはパンフレットの5ページと6ページに掲載されています。ご本人だけでなく、ご家族や身近な方がチェックすることもできます。

チェックリストを行い、ご心配のある方は、羽村市地域包括支援センターにご相談ください。

「知って安心 認知症」

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

羽村市地域包括支援センター

羽村市の取組み

認知症サポーター養成講座

 認知症サポーターは、認知症について正しく理解し、認知症の方と家族を地域であたたかく見守る「応援者」です。何か特別なことをする必要はありません。自分のできる範囲で応援してください。

羽村市の認知症サポーター数・・・平成27年3月24日現在 1324名

<講座の開催>

 講座は「一般市民向け」と「団体向け」の二つの方法で開催しています。

「一般市民向け」は個人での参加が可能です。26年度は2回開催しました。27年度については、日程が決まり次第お知らせします。

「団体向け」は5名以上のグループでお申込みください。詳しくは下記に添付しているチラシをご覧ください。

 

 

認知症サポーター養成講座チラシ(団体用)

家族介護交流会

  認知症または、その心配がある高齢の方を介護している方同士で集まる交流会です。家族が認知症かもしれないと気づいた時の対応や、介護認定を受けるきっかけ、日常の中での介護に関する困りごとなどを話したり、聞いたりする機会になります。

 26年度は4回開催しました。27年度については、日程が決まり次第お知らせします。

認知症の方等が利用できる事業について

とうきょう認知症ナビ

とうきょう認知症ナビは、「認知症になっても認知症の人と家族が地域で安心して暮らせるまちづくり」の推進を目的とする東京都の公式サイトです。
とうきょう認知症ナビへのリンク(別のサイトにうつります。)

とうきょう認知症ナビのサイトへリンクしています。
(別のサイトにうつります。)

検索サイトを利用する場合は「とうきょう認知症ナビ」を検索してください。

お問い合わせ

羽村市役所 福祉健康部 高齢福祉介護課 地域包括支援センター係
電話: 042-555-1111 内線195-198

認知症についてへの別ルート